ワークマンの防寒ブーツはバス釣りに使えるのか?試してみた。

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

今年は暖冬とはいえ、だんだんと寒くなってきてきましたね。

私、これまで冬はオフシーズンとしてあまり釣りに行かなかったのですが、今年は冬も釣りをしようと思っています。(回数は減るかもしれませんが・・)

防寒対策として、コロンビアのダウンジャケットを購入。こちらはとても快適で、上半身については寒さを感じることはありません(今のところ)。

スポンサーリンク

ワークマンの防寒ブーツ

オシャレは足元からなんて言いますが、ダウンジャケットを買ってしまったのでそれ以外の場所に回せる予算がなく・・

ブーツやパンツを見に、最近話題のワークマンへ行ってみました。

(ワークマン、私の普段の行動範囲だけでも4店舗もあります。コンビニ並みとはいかずとも、どこにでもあって便利ですね)

そこで、とても暖かそうなブーツを発見。

ワークマン公式HP  

こちらです。

中綿の入った防寒ブーツ。

ノー〇フェイスのヌプ〇ブーティっぽい?ルックスですw

特徴

中綿入りで暖かい

中綿が入っているので、保温性が高いです。

中は起毛ではありませんが、中綿は結構しっかり入っていて、ペラペラということは全くなし。

超軽量

とにかく軽いです。

Lサイズで片側約260gと超軽量設計。

実際履いてみても、軽さが際立ち、とても快適です。

接地面から4センチ防水

ソールの部分が高めに作られており、接地面から4センチが防水仕様となっています。

雨の日の釣りや、足場が悪いおかっぱリなどではとてもうれしい仕様ですね。

防水だからといって、特段蒸れるような感じもなく、メリットしかない仕様。

撥水仕様のアッパー

ソール以外の部分は撥水加工がされています。

完全防水ではありません。

滑りにくいソール

現場で鍛えられたノウハウからか、ソールがとても滑りにくいものでした。

不安定で滑りやすい冬のボート上や桟橋上でも安心して歩くことができます。

圧倒的コスパ

ここまで機能が詰め込まれて、お値段なんと1,900円。。

とんでもない価格です。

一度体験してしまうと、他のものが買えなくなる・・?

バス釣りに向いているのか?

購入後、2回ほど釣りで使用しました。

冬の雨

一度目は雨のレンタルボートフィッシング。

この日は、1日中雨が降り続き、気温もまあまあ低めでとても寒い1日でした。

雨の強さも、時折かなり強くなる感じで、最終的にはレインウエアの中まで濡れてしまうほどの雨。

そんな中、ワークマンの防寒ブーツはどうだったのか。

まず、釣り開始後3~4時間くらいはとても快適でした。

保温性も問題ないし、浸水もなし。

ボート上って、雨が降ると水が溜まります。ビルジで排出するのですが、船尾に移動するまでに水の中を歩く必要がありますが、接地面から4センチの防水機能がとても役立ちました。

ただし、ずっと雨が降り続いていたため、釣り開始後5時間くらいお昼くらいに、とうとう靴の中に浸水してきました。。

かなりの雨量だったので仕方ない感じもありますが。

そして、当然ですが一度浸水した後は不快そのもの。寒いし気持ち悪かったです・・

大雨予報の日は、素直に防水ブーツや長靴を履いたほうがよいかと思います。

凍った桟橋やボートでは?

2度目は先日の片倉ダム。

この日は晴天でしたが、朝の冷え込みがきつく、一日中気温も上がらない一日。

朝一の桟橋やボートが完全に凍っていました。

まず、ボートセッティング時に凍った桟橋やボート上でも、かなり滑りを抑制してくれたように感じます。

電動カートを押しながらの凍った桟橋という鬼門でも、トラブルなく通過できました。

そして、保温性については、抜群によかった。

私はこれまで、ティンバーランドのブーツ(防寒とはうたわれていない)を履いていましたが、防寒性についてはまさに雲泥の差。

朝の気温マイナス1度、日中でも10度に届かないような気温の1日でしたが、寒さを感じることは全くなく、日向にいると少し暑いくらいでした。

1,900円でこの機能なら、なんの文句もありません。

まとめ

以上、ワークマンの防寒ブーツのインプレッションでした。

最近大人気となっている理由がわかる、低価格高機能な商品で、非常におすすめできます。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント