【釣り車】ファミリーカーと釣り車の両立は可能か。

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

レンタルボートで釣りをされる方の多くが、車で釣りに行かれているのではないでしょうか。

私も、釣りに行くときは100%車です。

スポンサーリンク

買い替え

実は、車の諸事情により車の買い替えを検討しています。

現在の私の愛車は

フィットシャトルHVです。

車中泊も余裕な広いラゲッジスペース、リッター20キロ近い燃費など、釣り車としては非常に優秀かと思います。

釣り専用のセカンドカーとしてシャトルを所有しておきたいくらいですが、駐車スペースや維持費の問題から難しい感じ(涙)

3列シート

今回、車の買い替え条件として、3列シートで7人乗り以上という縛りがあります。

所謂ファミリーカーですね。

大人数が快適に移動できる空間という視点で作られた車が多いと思います。

釣り車として両立が可能な車種はあるのか。

ディーラーでいくつか見させてもらいました。

釣り車として求める条件は

・長距離運転が楽なこと

・燃費がよいこと

・車内で休憩や、仮眠、車中泊ができること

・レンタルボート+エレキスタイルの大量の荷物が難なく詰めるラゲッジスペースがあること

荷物少な目の日でこの量。。

こんなところでしょうか。

フリード

まずはホンダのフリード。

コンパクトサイズながら、3列シートの7人乗り設定があります。

デザインも最近のホンダ車顔で、悪くない見た目かと。やや無難な感じはありますが。

実車を見てきましたが、3列目シートを活かした状態ではラゲッジスペースはほぼなし。

釣りの時はシートを格納する必要があります。

3列目シートは跳ね上げ式で、両サイドのウインド面に固定する方式。

しかし、この状態(2列目シートまでを活かした状態)でも、すべての釣り具を積み込むことはやや厳しい感じ。(特にハイデッキなど大型のもの)。

2列目を目一杯前にするなど、工夫が必要そうです。

ただし、燃費や価格、ホンダセンシングの安全性など、釣り車でなければ非常に優秀なファミリーカーかと思います。

VOXY

続いて、トヨタVOXY(ヴォクシー)。

めちゃくちゃ売れているのか、街中で目にすることも多いこちらの車。

実際にディーラーで見せてもらいました。

外装は、今はやりのオラオラ系ミニバンという感じで、普通にかっこいいです。

ただ、あまりにも多く見かけるので、その点が気になる方も多いかも。

こちらも、3列目シートを活かした状態ではあまり荷物は積めない。

3列目シートはフリードと同じく跳ね上げ式の格納ですが、跳ね上げるのが楽で、あまり邪魔にもならない感じ。また、床下収納も結構大きいので、3列目シートの格納だけすれば釣り具も余裕で積めそうです。

2列目のアレンジも豊富で、工夫すれば車中泊も可能だと思います。

乗った感じも静かで乗り心地もよく、全く不満はありません。さすがトヨタの車といった感じ。

ただし、モデル末期なので仕方ないですが、安全装備は他社の同クラスに比べて一昔前のものです。

ステップワゴンスパーダ

最後に、ホンダのステップワゴン(スパーダ)。

ホンダ党の私には、外装はかっこよく見えます。

賛否両論あるリアゲート「わくわくゲート」ですが、確かに多少不細工かもしれませんがw

実際にみたところものすごく便利そうでした。

ちょっとした荷物出し入れだけすることが多いおかぱっりなどでは特に重宝しそう。

こちらも、3列目シートを活かした状態だとあまり荷物が積めません。

しかし、3列目シートが床下格納で、格納するとフラットで広大なスペースが生まれます。

たぶん、片側のシートだけ格納すればエレキ等一式積めると思います。

これは大きな魅力でしたね。

また、1.5Lのターボエンジンの力強さは乗っていて気持ちが良く、ミニバンらしからぬ走り。

高速道路での前車追従クルコン、自動ブレーキ等の安全装備、快適装備もぬかりなし。

価格がやや高いことと、リアゲートのデザイン以外は、すごく気に入りました。

まとめ

以上、ファミリーカーを釣り車視点で見てみました。

ステップワゴンスパーダ欲しいけど、もう少し考えますw

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント