【相模湖】個人的にこれからの時期活躍するルアーまとめ

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

桜が開花間近のようですね。

桜が咲くころからGWくらいの春の時期、よく効くルアーといえばI字系をはじめとする表層のリアル系ルアーですよね!?

個人的に相模湖でよく使い、結果がでたことがあるルアーをまとめてみました。

トップウォーターから表層直下あたりを攻めるルアーのまとめです。

スポンサーリンク

i-Waver 74 SSS

まずは、OSPの【i-Waver 74 SSS】。

このルアーはジョイント構造になっていることが特徴。

キャストして水面直下でただ巻きするだけで、バスがわらわらついてくるルアーです。

フェザーやリアルなカラー、サイズ感など、ワカサギが浮き出したころに使うと強烈に効くイメージ。

比較的、水面が穏やかなときに使うことが多いです。

ベントミノー 86F

またまたOSPの【ベントミノー 86F】。

こちらは、くねっと捻りを加えたボディーが特徴。

連続トゥイッチか、2トゥイッチ1ポーズで使うと、まるで弱った小魚のような動きをします。

この手のルアーの中では、水押しがやや強めなので水が濁ったときや荒れているときなど、バスがルアーを発見しにくい状況で使うことが多いルアーです。

キャスト時の空気抵抗が独特なので、狙ったところに投げずらいのが唯一の欠点でしょうか。

レーシングワカサギ

最後に、イマカツから【レーシングワカサギ】。

こちらは、数年前に房総リザーバーで流行ったルアーですね。

i-Waver より一回り小さく、より食わせに特化したルアーです。

フックが一つなので、障害物回りで使用しても意外に根掛かりしにくいです。

障害物回りにキャストしてほっとけ(動かさない)でも、タイミングがよければバスのほうから寄ってきます。

3つのなかではパワーが一番低いので、クリアアップしたべたなぎの状況で使うのがベストです。

使い分け

パワー(アピール力)順に並べると

ベントミノー> i-Waver>レーシングワカサギといった順ですかね。

このルアーの強さと水の状況(濁り、風などなど)を適切判断しルアーを使い分けることで、さらに釣果が上がるかもしれません。

このような考えたは、北大祐プロの著書「バス釣り超思考法」がすごく参考になります。

今シーズン中には、自分が持っているルアーのジャンル別に、パワーランクシステムを構築してみようと思っています。

詳細はこちらで↓

まとめ

似ているようでルアーにはそれぞれの特徴がありますね。

自分の頭を整理する意味でも、ちょくちょくブログに書いていってみたいと思います。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント