【スピナーベイト】初心者向け、スピナべの基本や使い方について。

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

「秋は巻物が有効な季節」とか、「風が吹いたらスピナーベイト」などという格言?がありますが、スピナーベイトは年中無休で有効なルアーだと思います。

私も含めてですが、初心者向けにスピナーベイトの基本や有効なシチュエーションなどをまとめたいと思います。

スポンサーリンク

スピナーベイトとは

バスが釣れたあと、アームが伸びたスピナーベイト(ビーブル)

くの字型のアームの両端に、スカートとブレードが付いている形状のスピナーベイト。

その使い方は単純で、投げて巻くだけ。

ブレードがキラキラとフラッシングを発しながら回転し、その振動をアームが増幅し、スカートも連動してバイブレーションを発します。

その様子で小魚の群れを演出しているのか、はたまた正体不明の生命感があるのか、バスが喰いついてきます。

スピナーベイトのメリット

広範囲に、やる気のある個体を探れる

その存在感から、アピール力が強いルアーであると言われるスピナーベイト。

更に、ワームなどと違い、ロッドワークによるアクションは基本的に不要。

なので、広範囲にわたって素早く探ることができます

更に、スピナーベイトのような早い動きのものに喰ってくるバスはやる気のある個体が多く、コンディションが良い個体が釣れる確率が高いです。

引っ掛からない

フックの位置がブレードやアームによってカバーされている形状になってるスピナーベイト。

その形状によって、非常に根掛かりに強いです。

レイダウンや立木などの房総リザーバーに多いストラクチャーから、土嚢やテトラなどの霞水系に多いストラクチャーなど、どんなタイプのカバーにも対応できる能力があります。

スピナーベイトの種類

スピナーベイトは、様々なメーカーから様々なタイプが発売されていますが、大きくはブレードの形状やカラーによってグルーピングできます。

ノリーズHPより

ウィローリーフ

細長い、葉っぱのような形状をしたブレードがウィローリーフ。

その特徴は、引き抵抗が少なく、サラサラとした巻き心地、水押しとなること。

形状も小魚っぽく、一番ポピュラーなブレードの形状です。

アピールはやや弱めなので、クリア水質のフィールドや、プレッシャーによりナーバスになっているバスが多いフィールドで良いタイプです。

コロラド

丸っこい形のブレードが、コロラド。

その特徴は、ブリブリとした強いバイブレーションを発しながら水をかき回すこと。

強いアピール力を持ったタイプです。

濁った状況や、広い範囲からバス呼んできたい場合などによいタイプ。

インディアナ

ウィローリーフとコロラドの中間のタイプがインディアナと呼ばれるもの。

ややマイナーな存在ですが。

特徴も、ウィローリーフとコロラドの中間となります。

マイナー故に選択種も少ないので、初心者の場合はウィローリーフとコロラドで使い分ければよい気がします。

ブレードのカラー

一般的には、シルバー、ゴールド、ガンメタといった種類があります。

水質によって使い分けるのが一般的で、

  • ガンメタ=クリアウォーター
  • シルバー=ステインウォーター
  • ゴールド=マディウォーター

といったイメージがあります。

そのフィールドの普段の水質から、その日の水質がどうかによって使い分けするとよいかと。

スピナーベイトの使いどころ

基本的にはいつでも使えるスピナーベイトですが、有効なシチュエーションについて考察します。

風が吹いた時

風が吹いたらスピナーベイと言われますが、風が吹くとたしかに有効かと思います。

その理由は、風が吹いてもキャストしやすく、荒れた水面でも操作しやすいことにあると思います。

ライトリグでは釣りにならないような状況でも、スピナーベイトのキャスタビリティや操作性なら十分釣りになります。

ストラクチャー

引っ掛かりにくいという特徴から、ストラクチャーには滅法強いです。

トレブルフックのついたルアーでは一投ごとに引っ掛かってしまうようなシチュエーションでも、ストレスなく引いてくることができます。

引くスピードやウエイトによってレンジも自由自在なので、どんなタイプのストラクチャーにも対応できます。

おすすめのスピナーベイト

私が実際に使って、バスを釣ったことのあるスピナーベイトをご紹介します。

ボトムアップ ビーブル

ノリーズ クリスタルS

OSP ハイピッチャー

OSPのハイピッチャー。

小型でブレードの立ち上がりが早く、サラサラとした巻き心地が特徴。

スタンダードなスピナーベイトです。

まとめ

以上、スピナーベイトについての考察でした。

この秋、スピナーベイトを使ってみてはいかがでしょうか。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント