初心者サイトフィッシングについて考察してみました。見えている魚は釣れない!?

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

今日から仕事でした。

やはり、なまったからだで仕事するのはつらかったですねぇ。

今週いっぱいはリハビリになりそうですw

さて、本日は【サイトフィッシング】について、先日の亀山湖で感じたことをまとめてみます。

あくまで初心者の考察ですので、生暖かい目で見ていただければと。。

スポンサーリンク

見えている魚は釣れない

よく言われる、「見えている魚は釣れない」という格言?です。

確かに、明らかに見えている魚は釣れにくい気がします。

人間から魚が見えるということは、魚が人間の存在に気が付いていることが多いからです。

つまり、見えている魚が釣れないのではなく、魚が人間に気が付いたら釣れないということでしょうか。

サイトフィッシングで魚を釣るには、「魚に気が付かれないように見る」ことが必要だと思います。

だます要素

魚にこちらの存在を気が付かれる前に発見した場合でも、どんなルアーを投げても釣れるわけではありません。

アプローチの方法もあると思いますが、一番は何らかの要素で、魚のスイッチを入れる必要があると思います。

体験談

先日、亀山湖で釣りをした際の体験談です。

オーバーハングの下にムシ系ワームを投げ、ちょんちょんしていると、バスがわらわらとついてきます。

しかし、GW真っ最中だったのでそのプレッシャーなのか、バイトしても超ショートバイトでフッキングしなかったり、バイトに至らなかったりという状態が続いていました。

そこで、ムシにチェイスしてきたバスに対し、ムシをピックアップした後すぐにノーシンカー(カットテールやレッグワーム)を投げたところ、いとも簡単にバイトしました。

これは、ムシに気を取られて人間の存在に気が付いていないこと、エサだと思ってムシに近づいたものの、違和感から食べられなくて残念な気持ちがあることw、そこに喰わせの能力の高い(エサに近い動きの)ルアーが突如現れたことからバイトに至ったと考えています。

普通にノーシンカーを投げても喰わない魚が、ムシにチェイスした状態だと簡単に口を使う。

これも一種の「スイッチが入った状態」だったのかなと。

まとめ

以上、体験談から、見えている魚に口を使わせる方法を考察してみました。

「そんなの当たり前」「そんな方法より良い方法がある」と言われてしまうかもしれませんがw

初心者レベルの私には新たな発見だったもので、記事にしてみました。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント