【相模湖釣行】子バス天国の時期到来。数釣りするなら相模湖!?(2019年5月18日(土))

スポンサーリンク

こんにちは!

Yuuです。

昨日は午前中限定で相模湖に行ってきました。

本当は昨日のうちにブログUPしたかったのですが、帰宅後用事を済ませて寝落ちしてしまいました。。

これまでさんざん坊主食らった相模湖様ですが、昨日は少しだけ優しかったですw

立ち回りなどシェアします。

スポンサーリンク

柴田ボート

私はいつも柴田ボートさんから出船しています。

急斜面の上り下りはキツイですがw、本湖と川筋両方へのアクセスが良いので。

朝一

5時出船。

水温は

このくらい。

ちなみに、上流方面はもう少し高くて、17℃~18℃くらいありました。

この日は午前中限定釣行だったので、いろいろなエリアを見て回るのは難しい。

なので、エリアを絞って釣りすることにしました。具体的には勝瀬橋周辺~合流点までのエリアの流して、良さそうな場所を探していくことに。

いきなり

すると、開始30分もしないうちに

結構いいサイズが釣れました!

メジャーを忘れたため正確な大きさはわかりませんが、おそらく45くらいあったかと。

引きもすごく強くて、4ポンドラインでのファイトは結構どきどき。

バスのコンディションはアフター回復系なのかな?そんなに痩せてもなく、元気なバスでした。

ルアーはムシ。

私のなかで、相模湖でムシってあまり効かないイメージだったのですが、そんなことなかったんですねw

状況的には、シャロ―のオーバーハング+ちょっとしたカバーがある場所で釣れました。

この後、同じような状況の場所を続けて打っていくと

またなかなかのサイズが釣れました!!

その後も、かなりの数のバイトがありますが、乗らないやつもいて、釣果としては小さいのも含めて4~5本釣れました。

この時点でまだ7時くらい。

巻物

ムシである程度の釣果があり、バスが付いている場所もわかったのですが、予定どおり巻物でも釣りたい。

上流に上がっていくと、水温が高く、水がかなり濁っていました。

そして上流方面ではムシに反応なし。

濁っているとムシは効かないのか・・

なので、ブレイクライン上をクランクでひたすら流す作戦に変更。

しかし、ノーバイト。途中スピナーベイトとローテーションしながら数時間流すもバイトはありませんでした。。。

途中、雨も降ってきて、カッパをもっていなかったので寒かったです。

そのまま日相園付近まで流しますが、バイトがない。

時間的にも上がらなければいけない時間が近づいてきたので、巻物はここで終了。

下りながら、良さそうな場所を探すことに。

子バス!!

下っていると、雨が上がって、晴れてきました。

また、ある地点を境に茶濁りしている水がややクリアに。

すると、さっきまでは全く見えなかったバスが浮いてきたのか、かなりの数の見えバスがいるスポットを発見。

すると

こんなかわいいサイズがw

同じようなサイズのバスが数十匹の群れでいたるところにたくさん。

中にはまぁまぁサイズも混じっています。

その後も続けると

こんな感じで金太郎飴バス君が遊んでくれます。

小さいですが、ぜんぶ見えているのでめっちゃ楽しい。

子バスだからと侮るなかれ、ルアーへの反応など勉強になることもあります。

そして中には

30UPも混じってきます。

子バスのなかで、ルアーへの警戒心が薄れているのかこのサイズもいつもよりかなり簡単に反応

してきます。

子バス天国?

この子バス祭りですが、例年夏前には終了します。

その子バスが、ルアーにはなかなか反応しない天才相模湖バスに育っていくんですねw

実際、同じエリアで同じルアーではすぐに反応しなくなります。

カラーやサイズを変えることで再び反応してくる様子は、他の釣りにも応用できそうな気がしました。

まとめ

良いサイズも釣れたし、小さいですが数釣りもできる。

相模湖はやっぱり楽しいところです。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント