リューギ(RYUGI)【ラバーショット】を使ってみたのでインプレ。サイトフィッシングに最適!?

スポンサーリンク

こんにちは!

Yuuです。

RYUGIといえば、新進気鋭?のバス釣りフックメーカーとして、バス釣り界ではかなりシェアを伸ばしていますよね。

私も、マスバリの「フォグショット」などを愛用していますが、サイズ感や鋭さなど、使いやすい製品が多いです。

今回、RYUGIの「ラバーショット」を使ってみましたので、インプレしてみます。

スポンサーリンク

RYUGI ラバーショット

公式HPより

一見すると、スモラバのように見えるラバーショットですが、なんとラバーショットにはウエイトが付いていないです。

つまり、ノーシンカー状態で使用するということ。

分かりやすく言えば、マスバリにラバーが巻かれたものです。

ライトラバージグとは、ジグヘッドにラバーをタイイングしたものだ。
ライトラバージグの威力を体感した時は、衝撃的だった。
しかし、ライトラバージグには攻略できるレンジやスピードに限界がある。
ベースがジグヘッドである以上、それは仕方が無い事だ。
ジグヘッドというベースを切り離す事によって、もっと様々なシーンでこの威力を再現できないか。
ここから開発は始まった。

テストの末に完成したラバーショットは、真夏のトップウォーターから、真冬のディープウォーターまで、シーズン、レンジを問わず活躍してくれるアイテムとなった。
シリーズの原点・ラバーショット。その威力を体感して欲しい。

公式HPより

使用されているマスバリは、前述の「フォグショット」です。

フッキング性能やバレにくい性能には定評があるフックです。

公式的には、ムシ系の浮くワームにセットしたり、ダウンショットに使用したりすることを想定しているようです。

通常のムシやダウンショットではアピールが足りなかっり、スレているフィールドで他の人と差を付けたりするのによさそうですね。

フォールスピード

私は、基本的にノーシンカーで使っています。

ムシ系などの浮くものではなく、沈むワームと組み合わせて使用。

通常のノーシンカーとの大きな違いは、「フォールスピードがかなり遅くなる」というもの。

ラバーの抵抗により、通常時の半分くらいのスピードでフォールするようになります。

バスがスローな状況では有利ですね。

ボリューム感

また、特に水がやや濁り気味のときなど、小さいワームのノーシンカーではバスがなかなかワームを発見できません。

そんなときにラバーショットを使用すると、通常のワームのみよりボリューム感が増し、バスに発見される確率が高くなるように思います。

with 2インチヤマセンコー

実は、これまでブログでは紹介しませんでしたが、相模湖のサイトフィッシングで結構効いたメソッドが、このラバーショットに、2インチヤマセンコーをワッキー掛けしたもの。

めちゃくちゃセコイと言われそうですがw

通常のマスバリで使用したときより、ラバーの抵抗がある分ゆっくりと沈みます。

フォールしている様子は、クモなどのムシが沈んでいく様子そのもの。

流行の沈むムシに近いものがありますね。

基本的にはリフト&フォールで使用しますが、リフト時に2インチヤマセンコーがブルブルと震ええ、それに合わせてラバーが微振動を発生。この動きがめっちゃ生命感に溢れる動きです。

相模湖でよくある、子バスの群れに直撃すると、高確率で子バスが釣れますw

ダウンショットでも使ってみる

このラバーショット+2インチヤマセンコーは、基本的に水深1~2メートルくらいのシャロ―、もしくは見えバスに対するアプローチにしか使いません。

沈むスピードが非常に遅いので、水深があるスポットではかったるいからです。

これからの時期はなかなかシャロ―のみでは釣りが成立しなくなる時期です。

そこで、このラバーショット+2インチヤマセンコーをダウンショットにセットして使用してみたいと思います。

リーダーを長くとって、着底後にシンカーを浮かせないようにリフト&フォールさせてみたいですね。

喰わせの能力が非常に高い組み合わせですので、きっとスレバスに効くはず。

まとめ

以上、RYUGIのラバーショットについてのインプレでした。

地味ですが、釣れないときのちょっとしたスパイスとして重宝しております。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント