reins【レインズ ハネセクター】に相模湖バスが異常に反応した件。

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

先日の相模湖で、40UPを捕獲したムシルアー。

reins【レインズ ハネセクター】。

5月の相模湖で抜群に効いた理由を考察します。

スポンサーリンク

ムシルアー

個人的に、相模湖でムシで良い思いをしたことがありませんでした。

房総リザーバーでは定番だし、実際よく釣れます。房総リザーバーのバスは、本物の虫をエサとしている気がします。

ですが、相模湖バスはワカサギなどの小魚を偏食している印象があり、ムシへの反応が良くないと思い込んでいたんです。

ですが、先日の釣行で朝一に40UPを2本、その他にも多数のバイトを得られました。

ハネセクター

その時使っていたムシルアーがreins【レインズ ハネセクター】です。

セールだったのもありますが、レインズらしくリーズナブルな価格。

私は正直その存在を知らなかったのですが、黄色いお店で安売りしていたので、物は試しと買ってみたんです。安心のレインズブランドですし、ハズレはないだろうと。

これが大当たりでした。

サイズ感

青木虫と比較すると、ハネセクターのほうがややボリュームがあります。

キャスタビリティもハネセクターのほうがやや上。

飛距離が出やすく、スキッピングもしやすかったです。

後足のラバーは青木虫と同じく差し込んであるタイプで、ややズレやすかったです。

動き

前足?の部分が水を噛み、移動距離を抑えながら波紋を出せることがハネセクターの動きにおける強みかと。

シェイクしたとき、適度な抵抗感があり動かしやすいです。

カラー

以上のような特徴があるハネセクター。

動きやキャスタビリティよく、よくできたムシルアーです。

しかし、今回相模湖で効いた理由は「カラー」じゃないかと思っています。

私が使ったのは「カエル」というカラーです。

これ、サイズ感も相まってその名のとおりアマガエルにそっくりです。

試しにほかのムシルアーも投げましたが、あきらかにハネセクターカエルカラーにばかりバイトが集中しました。

当日は曇りで、途中雨が降る天気。

もしかしたら、相模湖バスはカエルを食べているのかもしれません。

私、カラーってこれまでそんなに重要視していなかったのですが、釣果UPするにはカラーセレクトも重要なのかもしれませんね。

まとめ

数あるムシルアーの中では、マイナーな存在であるハネセクター。

しかし、今回の釣行で完全にマイコンフィデンスルアーとなりました。

また、他のルアーを使うときも少しだけカラーを意識してみようと思います。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント