【バス釣り】「雨の日はよく釣れる」は本当なのか。

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

今年の梅雨は珍しく梅雨らしい天気が続き、雨が良く降りますね。

バス釣りにおいて「雨の日はよく釣れる」といった言葉を耳にすることが多いと思います。

しかし、実際釣りをしてみるとそんなに釣れない場合もあります。

雨がバス釣りに与える影響について考察してみます。

スポンサーリンク

雨のバス釣り=よく釣れる

バス釣りに行くと決めて、天気予報を確認したら、当日の予報が雨。

そんな時、「雨だから釣れるぞ!」とテンションが上がります。

雑誌や様々な書籍などでも「雨の日は釣れる」と書かれている場合も多いです。

でも、雨のなか1日釣りをしたけど、結局びしょぬれになっただけwという場合も多いです。

雨だからといってイージーになんでも釣れるわけではなく、雨が与える影響を考慮してバスの動きを読む必要がありそうです。

雨がバスに与える影響

雨が降ることによって、フィールドやバスにどんな影響があるのか。

  • プレッシャー
  • 水質、水温
  • 活性

思いつくのは、こんなところでしょうか。

プレッシャー

雨が降ることで、バスにかかるプレッシャーに影響すると思います。

雨によって水面がたたかれ、バスから見ると水の上が見えなくなります。

普段アングラーの存在に敏感なバスも、雨の日はボートの周りをふらふらしていることも多くあります。

ただし、雨が強いと人間からバスも見えなくなるので、サイトフィッシングはほとんど不可能になります。

そして、雨が水面をたたく音で、ルアーの着水音やボート、エレキの音、人間のちょっとした動作の音がかき消されるという点も。

エレキを使って釣りをしているとよくわかりますが、バスは音に結構敏感です。

雨を味方にすれば、バスに余計なプレッシャーを与えずに済むということになるでしょう。

また、最初から雨予報の日は普段に比べて釣りに来る人も少な目。

過密化する関東のフィールドでは、狙ったスポットに入りやすいといったメリットも。(一部フィールドでは雨でも普段と変わらない人の多さですがw)

水質・水温

雨が降ることによって、フィールドの水質、水温に影響があります。

人間が気温や空気の良さに敏感なように、魚は水質や水温に敏感なのは想像に難しくないですよね。

雨が水質、水温に与える影響ですが、季節やフィードによって大きく変わると思います。

房総リザーバーや相模湖、津久井湖などのリザーバーの場合、雨が降ると上流から濁りが入り、濁りの回復も上流から下流に向けて進むことが多いです。

適度な濁りは、プラス要素になることが多いです。バスの警戒心を下げる要因となるからです。

しかし、大雨が降ったあとなど、どちゃ濁りとなってしまった場合は、濁りが比較的少ない場所などを探す必要が出てきます。

また、バスがストラクチャーに身を寄せることが多くなります。

そういう意味では、どちゃ濁りの場合にはバスの居場所を特定しやすくなるというプラス要素も。ただし、バスが口を使うかどうかはわかりませんが。。。

また、水温については、夏以外は暖かい雨の場合(水温が上昇する傾向にある雨)にプラスになることが多いです。

夏は、フィールドの水温がマックスに近く、フレッシュな水が入ることでほとんどの場合にプラスに。ただし、雷を伴う雨も多いので注意しましょう。

活性

「雨が降るとバスの活性が上がる」と、よく言われています。

理由は諸説ありますが、実感としてこれはあると思います。

ただし、同じ雨でも晴れが続いていたあとの久しぶりの雨や、早春の暖かい雨、夏にカレントを生む雨など、バスにとって状況が良くなる雨の場合に当てはまるかと。

逆に、冬の冷たい雨や、極端な大雨などの場合には当てはまらない場合が多いと思います。

夏のものすごい暑い日に、雨が降り出したとたんにあたりでボイルが始まったり、トップウォーターに反応が良くなったりということは、経験した方も多いのではないでしょうか。

まとめ

以上、雨がバス釣りに与える影響について考察してみました。

雨だと釣行後の片付けなど大変なことも多いですが、雨を味方につけてバス釣りを楽しみたいですね。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

雑記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yuuをフォローする
Yuu Bass Style

コメント