【パワーランクシステム】手持ちのシャッドを比較してみた。

スポンサーリンク

こんばんは。

Yuuです。

先日紹介した北大祐プロの著書である【バス釣り超思考法】。

そこにはルアーのジャンル別に「パワーランクシステム」を組むことで状況に合わせたルアー選択ができるとの教えが。

そこで、手持ちのシャッドプラグを比較してみました。

スーパースレッジ

まずは、エバーグリーンの【スーパースレッジ】。

これまで結構な魚をかけているお気に入りのルアーでもあります。

ですので、スーパースレッジを基準として、比較したいと思います。

スーパースレッジは、ただ巻きでもトゥイッチでも使えますが、どちらかといえばトゥイッチで使用することが多いです。

トゥイッチしたときのダート幅が大きくて、アピール力が強い気がします。

ただ巻きしたときは、どちらかといえばロール系のアクションで、あまり引き抵抗は強くないです。

レイダウンミノーMID  JW

ノリーズの【レイダウンミノーMID JW】。

JW(ジャストワカサギ)というネーミングがよいですね!

こちらは、やや大きめのボディーで飛距離がでます。

アクションはややウォブリング強めのロールとのミックスという感じ。

ただ巻きでの「強さ」はスーパースレッジより上な感じがしました。

トゥイッチでのダート幅はスーパースレッジより控えめ。

ソウルシャッド

ジャッカルの人気ルアーである【ソウルシャッド】

様々のサイズがありますが、私が使ったのはオーソドックスな「58SP」。

こちらは、ただ巻きでの直進安定性が優れています。高速リトリーブでも、バランスを崩すことなくまっすぐ泳ぎます。

アクションは、ロール系な感じがしました。

引き抵抗は今回比較したなかでは一番弱い感じ。

ワスプ

イマカツの【ISワスプ】。

今回比較したなかでは一番小粒なシャッドです。

しかし!飛行姿勢が良いのか、めちゃくちゃ飛びます。そして狙ったところに投げやすい感じがしました。

アクションはただ巻きでの強さは中の上、トゥイッチでのダート幅は一番ある気がしました。

正直、いままであまり使っていなかったのですが、かなり好印象。

バスのチェイスも結構もらえました。(釣れなかったけどw)

パワーランクシステム

今回比較したもの「強さ」順にまとめると

ただ巻き

レイダウンミノーMID JW > ISワスプ > スーパースレッジ > ソウルシャッド

トゥイッチ

ISワスプ > スーパースレッジ > レイダウンミノーMID JW >ソウルシャッド

といった感じでした。

下だから悪いという意味ではなく、アクションの「強さ」を比較したものです。

これを、水質などの状況によって使い分けるのが、この【パワーランクシステム】の意義です。

まとめ

今回は手持ちのシャッドを比較してみました。

他のジャンルでもやってみたいと思います。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント