【パワーフィネス】と【ベイトフィネス】初心者が効果的に使い分けるには!?

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

パワーフィネスとベイトフィネス。

近年のカバーフィッシングで定番となっている2つのメソッドですが、その使いわけについて初心者目線で考察してみました。

スポンサーリンク

目的

パワーフィネスとベイトフィネス。

その目的は、カバーにいるバスにライトリグでアプローチすることにあると思います。

通常のカバー用ルアーであるテキサスリグやラバージグでは強すぎて喰わない、プレッシャーが高いフィールドや状況で用いられることが多いメソッドです。

使うリグ、ルアー

パワーフィネスやベイトフィネスで使用するリグ、ルアーとして、定番なのは以下のもの。

  • ネコリグ(0.9~2.7gくらいのシンカー、スナッグレスフックを使用)
  • スモラバ(ガードが強めのBFカバージグなど)
  • ヘビーダウンショット(3~7gくらいのシンカー)
  • シャッド等の小型プラグ

一般的にライトなスピニングタックルで使用する繊細なリグ、ルアーを、太いラインで使用できることから、カバー回りで使うことができることがメリットです。

パワーフィネス

パワーフィネスの定義は、特に決められていないと思いますが、

  • ML~Hアクション、6.3ft~7ftのスピニングロッド
  • 2500番台程度のスピニングリール(ハイギア)
  • 0.8~1.5号のPEライン

こんな感じのタックルを用います。

ベイトフィネス

対して、ベイトフィネスは

  • UL~MHアクション、5.9ft~7ftくらいのベイトロッド
  • ベイトフィネス専用、もしくは軽いルアーが投げられるベイトリール
  • 7~14lb.くらいのフロロカーボンライン、もしくは0.6~1号くらいのPEライン

こんな感じかと。

専用のリールを使用することがキモで、リールの選択をミスすると軽いルアーが投げられませんので注意が必要。

それぞれのメリット

使用するルアーやリグはほとんど同じなパワーフィネスとベイトフィネス。

その最大の違いは、「キャスタビリティ」と「手返し」にあると思います。

ベイトフィネスのメリット

ベイトフィネスのほうが、キャストの方法、タックルの特性上、より正確なキャストが可能になります。

キャストをする上で重要な、「着水音」を小さくしやすい。

複雑なカバーを攻略する上で、このキャスタビリティは大きなアドバンテージになります。

また、ベイトタックルの構造上、手返しが良いことも大きなメリット。

クラッチを切りキャストして、アクションさせルアーを回収。

この一連の流れを、ロッドを持ち替えたりすることなく動作が可能です。

ルアーが水に入っていなければ釣れることはありませんので、この手返しの良さもメリットになります。

パワーフィネスのメリット

ここまで書くと、「ベイトフィネスで全部賄えるんじゃね?」と思ってしまいますよね。

実際、私も最近までベイトフィネスばかりでパワーフィネスは使っていませんでした。

しかし、実際に使ってみて、パワーフィネスにもメリットがありました。

それは、「ベイトフィネスより軽いルアーをストレスなく扱える」ということです。

具体的には、ネコリグなら0.9gシンカーに4インチ程度のストレートワーム、スモラバも同程度のウエイトのものを使用する場合など。

そのくらいのウエイトのリグだと、ベイトフィネスでは鋭い弾道のキャストが難しいです。(私のような初心者の場合)

それが、パワーフィネスであればリールの構造上、ラインへの抵抗が少ないので簡単に投げられる。

着水音についても、軽いリグの場合は少し弾道が上がっても抑えやすいです。

あと、ムシルアーをちょうちん釣りなどカバー回りで使う場合はパワーフィネス一択となるかと。

基本的にノーシンカーのムシルアーですが、パワーフィネスタックルならば難なくキャストできます。

初心者的使い分け

以上のような特徴があるパワーフィネスとベイトフィネス。

その使いわけを簡単にまとめると、使うリグの重さが極端に軽いものはパワーフィネス、そうでないものはベイトフィネスがよいと思います。

カバーの濃さや魚のサイズなども影響するかもしれませんが、とりあえずはそんな感じでよいかと。

手返し、キャストの正確性に分があるベイトフィネス、軽いものをカバーに入れられるパワーフィネスというメリットを活かした使い分けです。

まとめ

以上、パワーフィネスとベイトフィネスについて、初心者目線で使い分けやメリットをまとめてみました。

それぞれの特徴を捉え、適切に使分けることで釣果アップしていきたいですね。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント