激安PEライン。シマノ【PITBULL4】ピットブル4をパワーフィネスで使ってみた。

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

先日、超今更ながらパワーフィネスデビューした私ですが、パワーフィネスに使用するラインといえば「PEライン」ですよね。

細くて高強度、低伸度でスピニングでも扱いやすく、カバーに強いPEライン。

高価なラインが多い印象ですが、お財布に優しいシマノのPITBULL4(ピットブル4)を使ってみました。

スポンサーリンク

価格

今回、1号(20lb.)の200m巻きを購入しましたが、なんと千円ちょっとで購入できました。

PEラインとしては格安ですよね。

普通にフロロマイスターとかとほとんど変わらない単価。

PEラインはフロロやナイロンよりも長く持つことが多いので、コスパとしてはフロロマイスターよりもよいかもしれません。

カラー

「ライムグリーン」と「スーパーブルー」が選べます。

私は「スーパーブルー」を選択。

リールになじむ色でなかなかかっこいいです。

結構目立つ色かと思っていましたが、以外にも水面になじんで見にくかったです。

視認性に関してはライムグリーンのほうがよいかもしれません。

しかし、水になじむ色なので魚への違和感が少ないことと、人間側の精神的にはよいと思います。

使用感

家でリールに巻いたときには、表面の手触りは結構ザラザラしていて、やや硬い感じがしました。

やや硬いので、ライントラブルが多いかも?ということが頭をよぎりました。

しかし、湖で使ってみたところ、全くライントラブルはなかったです。

PEならではの低伸度による感度は抜群によかったです。

強さも、ウッド系のカバーやゴミだまりに対しては全く問題なし。

私は普段フロロカーボンやナイロンラインばかり使っていてPEはあまり使わないのですが、今回使ってみて違和感はほとんどなし。

カバーにも安心して使えて、高感度により水中の状況がわかりやすい。

パワーフィネス以外でも導入したいと思うくらい気に入りました。

編み数

ピットブルには、今回使った4本編みのほか、8本編み、12本編みがあります。

それぞれの特徴は以下のとおり。

公式HPより

編み数が多いほうが高性能な感じがします。

ですが、当然価格は高い。

そして、今回4本編みを使ってみて、私レベルの初心者には十分な性能があると感じました。

これ以上は、もっと上達してからでよいかなと。

まとめ

以上、シマノ【ピットブル4】についてまとめました。

低価格、高性能はPEラインとして私の中では定番になりそうです。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント