DECOY NKフック買ってみた。カバーネコリグの救世主!?

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

最近、遅ればせながらハマっている「カバーネコリグ」。

スナッグレスネコとも呼ばれるメソッドで、専用のフックを用いたネコリグをカバーの中に入れ、スレたバスを狙うというもの。

プレッシャーの高い関東のリザーバーでは超定番のメソッドですし、タフな状況でものよく釣れます。

カバーネコが活躍した、タフコンディションの相模湖釣行記。

カバーネコのキモとなるのが、「専用のフック」です。

スポンサーリンク

ハヤブサ N.S.Sフック

カバーネコリグの発案者である川村光太郎さんがプロデュースのハヤブサN.S.Sフック。

こんな感じにフックをセッティングします。

セットのしやすさ、フッキングの良さとスナッグレス性を合わせもつ、ナイスアイディアなフックです。

私もこれまで、カバーネコにはこのN.S.Sフック一択でした。

フッキング、太軸であることによる安心感など、満足度高い商品です。

ですが、唯一の不満点として「フックポイントが露出しやすい」ということがあります。

その構造上仕方ないことであり、フッキングの良さとトレードオフではありますが、カバー内ごそごそやるとフックポイントが露出して根掛かりすることがあります。

また、一度でもフックポイントが露出してしまうと、その場所はワームが貫通してしまい、その後もフックポイントが露出しやすくなってしまうため、フックを刺す位置をずらしてセッティングしなおすか、最悪ワームを取り換えなければいけません。

これは、手返しの悪さにもつながるし、経済的にも痛いです。

DECOY NKフック

NSSフックへの上記のような不満から、

「オフセットフックにようなセッティングができるカバーネコ用フック」

を探していたところ、見つけました。(遅い?w)

それが、DECOYのNKフックです。

効果的なアクションとタックルを選ばない扱いやすさで、多くのアングラーが愛用するライトリグの定番「ネコリグ」。

この“釣れるリグ”にさらにスナッグレス性を付加すべく、オフセットセッティングにこだわってフック形状を一から開発。可変チューブバーブを採用することでワームズレを防ぎつつ、通常のオフセットフックのような使用感の良さを実現。「ネコリグ」の可能性を極限まで引き出すスナッグレスネコ専用フックです。

※ピックアップ時の回転などによる糸ヨレが気になる場合は付属のスイベルを装着して下さい。

付属分で足りない場合は、「SN-15 カシメルスイベル」をお買い求めください。


公式HPより

との説明。

形状は

公式HPより

こんな感じで、アイとフックポイントが同じくらいの高さにあり、フックの方向がアイに向かっています。

これが、私が探し求めていたオフセットフックタイプのカバーナコフックの形状です。

ワームにセットしてみると

試しに、手持ちのワームにセットしてみました。

今回、5番のフックを購入してみましたので、参考まで。

まずは、スワンプミニ。

少し大きいかもしれませんが、ちゃんとセッティングできました。

肝心のフックポイントもばっちり隠れていますが、ワームを少し押すとフックポイントがでてきます。その加減が絶妙で、根掛かりはしないけどフッキングはしやすいという感じ(あくまでイメージですが)。

続いてカットテール4in。

こちらも、問題なくセットできました。

カットテールやスワンプミニのような、比較的柔らかい素材の場合、フックポイントを一度露出させてから皮一枚隠す方法でなく、フックポイント全体を埋め込むセット方法でも問題なくフッキングできそうな予感。

実際、使ってみたらまたレビューします。

細軸なので、カバーには不向き?

ただし、このNKフックですが、NSSフックと比較してかなり細軸です。

おそらく、ライトリグとしてのネコリグ用として開発されているのかもしれません。

PEラインを用いたパワーフィネスタックルや、フロロ10lb.前後のラインを用いたベイトフィネスタックルで扱う所謂カバーネコに使うには、やや心もとない線径。

スナッグレス性とフッキング性が優れていても、バスを掛けたときに伸びてしまっては意味がないので、ここは使ってみて検証してみます。

まとめ

以上、DECOYのNKフックの購入レビューでした。

カバーネコの快適さに一役買ってくれるとよいのですが、使ってみて再度レビューしたいと思います。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

カバーネコにおすすめのワーム①

カバーネコにおすすめのワーム②

コメント