【初心者向け】ネコリグに最適なおすすめワーム5選。 関東リザーバーで釣れたワーム。

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

ライトリグの定番、【ネコリグ】。

ワームの頭にネイルシンカーを埋め込み、真ん中あたりにフックを付けるシンプルな構成。

早く沈み、根掛かりしにくいのが特徴。

ネコリグ向きなワームは様々ありますが、私が実際に使って釣れたものをご紹介します。

スポンサーリンク

ネコストレート

まずは、ダイワの「ネコストレート」。

ゲーリーヤマモトとのコラボ商品で、ゲーリーマテリアルが採用されています。

ゲーリーマテリアルといえば言わずと知れた激釣れ素材。ですが、少し脆いのが弱点でもあります。

しかし、ネコストレートは、ゲーリーマテリアルでありながら結構頑丈にできています。

形状はシンプルながら、少しのロッドワークでも敏感に反応してくれ、わずかな水流にも反応。

ベイトフィネスのカバー打ちにも向いています。

また、ダイワのルアーらしく、価格も比較的安いのも魅力的。

ドライブクローラー

OSPのドライブクローラー。

OSPの製品らしく、フォールさせるだけで艶めかしく動くまさにライブ感のある動きが特徴。

本当に釣れそうな生命感の強い動きをします。

その動きを実際に見ると、それだけで釣れそうな気がして、人間のコンセントレイトUPにもつながり、結果釣果UPにもつながります。

余談ですが、ノーシンカーワッキーで枝などにひっかけるちょうちん釣りをすると、バスが異常に反応するときがあります。

やや脆い素材なのが弱点といえば弱点か。

5インチプロセンコー

ゲーリーヤマモトの「5インチプロセンコー」。

センコーシリーズのネコリグ向け筆頭です。

頭が太く、テールが細い形状。

ネイルシンカーが入れやすいです。

テールは、わずかな水流にも機敏に反応してくれる。

ゲーリーマテリアルならではの生命感と比重。

ワーム単体でも結構自重があるので、軽いシンカーをつかっても手返しよく使えることもポイント。

軽いシンカーを使うことで根掛かりも少なくできてよいことづくめです。

エンジン・フォールクローラー

エンジンの「フォールクローラー」。

その名のとおり、フォールでのブリブリ感がすごいです。

水押しが強く、アピール力が高いのが特徴。

また、他のワームに比べて長さの割にボリューム感があるので、水が濁ったときに強いです。

濁った場所や、広範囲から魚を呼びたいときなどに重宝するタイプのワーム。

身切れが少ないのも美点。

6.5インチカットテール

最後に、ゲーリーヤマモトの「6.5インチカットテール」。

カットテールといえば4インチが標準サイズですが、あえての6.5インチ。

4インチとは僅か2.5インチの違いですが、その存在感は圧倒的。

「フィネス界のビッグベイト」といった感じで、存在感でバスを呼んでくる力がすごいです。

視覚の存在感が強いのに、動きが艶めかしいという相反する要素で、バスをだましてくれます。

「エサが豊富でバスがルアーに見向きもしない」といった状況で使うと、反応が良い気がします。

かなり自重があるので、ベイトタックルで使用することが基本となります。

まとめ

以上、関東リザーバーで実際に釣れたネコリグ用おすすめワーム5選でした。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント