【ムシ系ワーム】青木虫とオリカネ虫比べてみた。

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

今週末は所用で相模湖や亀山湖には行けそうもありません。。

朝一、相模川か震生湖あたりにおかっぱりだけ行こうかと思っています。

本当に朝一だけしかできませんが、少しでも釣りをすると、リフレッシュできますからね!

さて、先日の釣行でサイトフィッシング、ブラインドの釣りともに活躍したムシ系ワーム。

定番のOSP【オリカネ虫】とバークレイ【青木虫】を両方使いました。

その特徴などをシェアします。

スポンサーリンク

ムシ系ワーム

いろいろなメーカーからいろいろな種類が発売されている「ムシ系ワーム」。

私が初めて使ったのは、今はなき?「アイバムシ」でした。

2010年ごろだったように記憶しておりますが、当時高滝湖に通っていまして。

養老川のスレバスにとっても良く効きました。

その後も、一時の流行りものではなく定番のパターンとして定着していますよね。

どこでも効くのでしょうが、個人的には房総リザーバーに強いイメージがあります。

ムシの特徴

ムシ系ルアーの特徴といえば

・水面に浮くことで、見破られにくい

・弱い波動(波紋)で繊細に誘うことができる

・ある程度のカバーにも対応できる

といったところでしょうか。

総じて、プレッシャーに強いルアーですよね。

実際にムシを食べているバスはもちろん、そうでないバスにも効きます。

オリカネ虫

そんなムシ系ルアーの定番であるOSP【オリカネ虫】。

専用のガード付きヘッドを装着し、使用します。

専用ヘッドはポッパーのカップのような形状をしており、スプラッシュを出すことも可能。

もちろん、ムシ系らしく繊細な動きを出すこともできます。

また、ガード付きの専用フックはスナッグレス性が高く、オーバーハングに引っ掛けてちょうちんでの使用や、カバー回りでの使用でもストレスなく使うことができました。

ある程度のウエイトもあるので、飛距離も出せます。

さすがOSPといった感じで、全体的にハイレベルなムシ系ルアーだと思います。

唯一、ガードが結構かためなので、フッキングが少し悪い気がしました。

使っているタックルがパワーフィネスではなく普通のLアクションのロッドだったのもあるかもしれませんが。

ショートバイトが多発する状況では、ガードを取っ払うなどしたほうが良いかも。

青木虫

もうひとつ、バークレイの【青木虫】

青木大介プロ監修の定番ムシ系ワームですね。

原型である青木プロ自作品のムシで、高滝湖で釣りまくっているDVD【DeeZscandal】は、何度も見ましたw

その特徴は、ラバーを差し込んでつけられた足による、非常にナチュラルなアクションにあると思います。

非常に繊細な波紋を簡単に出すことができるため、スレたバスにとっとも良く効きました。

実際、ゴールデンウィーク中の超ハイプレッシャーな亀山ダムでも、バスがわらわらと付いてくる集魚力を発揮してくれました。

ただ、マス針の使用が必要で、スナッグレス性は良くなく、軽いためキャストもややムズイです。

カバーが薄めの場所やサイトでは、抜群の強さを発揮するワームですね。

まとめ

以上、ムシ系ワームの2大定番である【オリカネ虫】と【青木虫】を使ってみたレビューでした。

それぞれの特徴を把握して、的確に使い分けしたいですね。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント