【マスバリ】バス釣りに使うマスバリまとめ。

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

バス釣りをするうえで欠かすことのできないアイテムであるフック。

その中でも、特に関東のフィールドでは出番の多くなる「マスバリ」。

マスバリの有用性、おすすめの商品についてご紹介します。

スポンサーリンク

マスバリ(マス針)。

「バス」釣りなのに「マス」バリ!?と思うかもしれませんが、ここで言うマスバリとは、「バスフィッシング向けに開発されたチョン掛け用のフック」ということにします。

もともとはマス釣りに使うフックをバス釣りのワームフックとして流用したことから始まった(と思われる)バス釣り用マスバリですが、今ではバス専用として各メーカーから様々なタイプが発売されています。

マスバリのメリットとデメリット。

なぜバス釣りにマスバリを使うのか。

様々な理由がありますが、主に以下の理由が挙げられます。

メリット① 【フッキング性能】

一般的に、フックポイント(針先)をむき出しにしてセットすることから、フッキングがとても良いです。

バイト(当たり)がわからないほどのショートバイトでも、オートマチックにフッキングしてくれます。

メリット② 【プレッシャー対応】

オフセットフックに比べて、サイズが小さいマスバリ。

その小ささにより、フックの存在を隠すことができます。

バスは、以外にフックの存在を気にしている気がします。

大きなフックでバイトが出なくても、小さなフックではバイトがでることもあります。

デメリット① 【根掛かり】

一般的にフックポイントがむき出しなマスバリ。(一部ガード付きもあります)

フッキング性能と引き換えに、どうしても根掛かりは多くなります。

適材適所で、引っ掛かりやすい場所を攻める場合はガード付きにするか、オフセットフックを使用しましょう。

デメリット② 【飛距離】

ノーシンカーリグで使用することも多いマスバリです。

その小ささ故に、重量がとても軽いため、飛距離においてはオフセットフックに劣ります。

飛距離が必要なおかっぱリなどでは、ラインを細くする、長めのロッドを使うなど、トータルのタックルバランスでケアすると良いです。

おすすめのマスバリ。

市場に多数の商品があるマスバリ。

私がメインで使用し、使用感の良いものをご紹介します。

ハヤブサ DSR132

ダウンショットリグ専用の軽量ファインワイヤーフック。エアロポイントの採用でショートバイトでも確実にフッキングに持ち込めます。スレきったタフレイク向きダウンショットのみならずスプリットショットノーシンカーにも最適です。

公式HPより

定番のハヤブサDSR132。

やや狭めのゲイプで、ワームとの一体感が良く、根掛かりが少なめなのが良いポイント。

がまかつ ワーム329 ハンガーSF

2lbクラスのフロロラインでの2インチクラスのマイクロワーム使用を前提としたスーパーフィネススタイルから、6lbクラスのフロロラインでの6インチクラスのフィネススタイルまで幅広い使用用途が特徴です。豊富なサイズラインナップから、ワームのサイズ、リグ、あらゆるシチュエーションを想定しています。また、#8・#10はスモールマウスバスをターゲットとして想定しており、通し刺しにも使用できます。

公式HPより

こちらも定番のがまかつワーム329ハンガーSF

サイズ展開が豊富で、がまかつブランドの安心感から使用機会も多いです。

たくさんのバスを掛けていますが、フックを伸ばされた記憶はありません。

RYUGI フォグショットTC

登場以来、フックにおける力学的常識を覆してしまったTCコート。 
通常では刺さりにくいとされるフックバランスでも、このコートがあれば確実にフックポイントは肉を貫通し、バーブはターゲットに深く喰い込む。 
サイバーメタルを採用し、秀逸なフォルム、バーブバランスが生み出す刺さりと強度に定評のあるフィネスフック フォグショット。 
このフックにTCコートを纏わせたのがこのフォグショットTCだ。 
ノーマルでも高いポテンシャルを発揮するフォグショットへのTCコートの採用は、まさに鬼に金棒。 
たとえフッキングが決まらなくても、たとえ刺さる位置が硬くとも、構わず深く刺さり込む。 
どうしても掛けたい、あの一匹の為に。フォグショットTC。

公式HPより

リューギからはフォグショットTC。

リューギ特有のTCコートにより、抜群の刺さりを実現。

カラーが水中で目立たない感じになっているのもGOOD。

ノガレス モスキート ヘビーガード

「より複雑なカバーの奥をワッキーリグで撃ちたい」というアングラーのための、ヘビーカバー対応ワッキーリグ用フック。ガードをヘビーワイヤー化するだけでなく、常にフックポイントをガードする新形状を追求した専用設計。障害物回避性能とガードの硬さを感じさせないフッキング性能を両立したフックです

公式HPより

ガード付きマスバリの定番、ノガレスモスキートヘビーガード。

結構協力なガード力があり、沈み物がある場所やライトカバーへ、ネコリグをアプローチする際に多用します。

フッキング性能はガードなしに比べて落ちるので、強めのロッド、やや太めのラインを使うことがポイントかと。

まとめ

以上、バス釣り用のマスバリについてまとめました。

地味ですが、魚に近いアイテムであるフックは非常に重要なアイテムですので、しっかり吟味していくと釣果につながるかもしれません。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント