【リーダーレスダウンショットリグ】のメリットについて。

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

先日の片倉ダムで、50UPをキャッチしたリグが「リーダーレスダウンショット」です。

「リーダーレスダウンショット」以外にも「直リグ」とか「パンチショット」とか呼ばれる、比較的新しいリグですよね。

その特徴や他のリグとの使い分けについてまとめてみます。

スポンサーリンク

リーダーレスダウンショットとは

フックのアイに、リーダー(端糸)を介さず、直接シンカーを取り付けるリグ。

写真は、シンカーとフック、スイベルが一体となって販売されている既製品ですが、自作も可能。

その場合、フックのアイにスプリットリングを取り付け、そこにシンカーを取り付ければ完成。

スイベルを取り付けてからラインを結べば、糸ヨレ防止にもなりますが、スイベルはなくても可。

非常に簡単に作れるリグです。

シンカーについては専用のものが多数発売されています。

フックは、通常のフックにスプリットリングを付けても良いですが

こんな感じの、はじめからリングがセットされたものもあります。

リーダーレスダウンショットのメリット

対カバーに適したすり抜け性能

このリーダーレスダウンショット、とにかくすり抜けが良いです。

リグの形状から、シンカーが細く、さらに一直線になって落下することによります。

対カバー用のリグと言えば、テキサスリグやスナッグレスネコリグだと思います。

リーダーレスダウンショットは、それらと比較してもカバーの中へ入っていく能力が高く感じます。

ゴミだまり系のカバーや、最近の房総リザーバーで多い崩落系のカバーなど、結構どんなタイプのカバーにも対応できるように感じています。

すり抜けが良いため、テキサスに比べて軽いウエイトでも同じくらいの濃さのカバーに打ち込むことができ、よりナチュラルに探ることができます。

ロッドワークに対するダイレクトなアクション

ロッドの先端からワームまでの間に、シンカーがないことにより、よりダイレクトなアクション性能があります。

テキサスリグの場合は、シンカーをラインに通すことにより、ロッドアクションによるラインの振動がシンカーに吸収され、細かいシェイクなどではワームがあまり動いていないことがあります。

リーダーレスダウンショットの場合は、ロッドアクションによるラインの振動を、ワームにダイレクトに伝えることができます。

カバーの中を細かいシェイクでじわじわと誘いたい場合などに重宝します。

フォール姿勢が良い

すり抜けの良さにもつながってきますが、フォール姿勢が良く感じます。

シンカーとフックの間にリングを介していることにより、フォール中のワームがフリーな状態になることから、ワームが受ける水流により自発的なアクションを出しやすい感じ。

ワームの姿勢が良い

その構造上、カバーの中で吊るした時や、ボトムでのアクションにおいても、ワームの姿勢が水平に近くなります。

完全に水平にはなっていないと思いますが、テキサスが完全に上下の動きになるのに対し、横の動きを出しやすい。

ストレート系のワームや、短めのワームなどの場合、上下の動きではあまりアクションしない場合があります。

そのようなワームを使いたい場合は、横の動きを出すことができるリーダーレスダウンショットが適していると思います。

リーダーレスダウンショットのデメリット

ここまで、もはやテキサスリグが不要になってしまうのでは?と思うほどにメリットの多いリーダーレスダウンショットですが、もちろん、テキサスのほうが優れている点もあります。

一番は、回収性能にあると思います。

リーダーレスダウンショットは、キャスト時(フォール時)のすり抜けについては、シンカーが下になることにより、ワームまで一直線になることから良いのですが、回収時にはワームとシンカーが横になるため、テキサスに比べて回収率が低いです。

テキサスリグは、バレットシンカーの一番細い部分から回収されるため、非常に回収しやすいです。

複雑なレイダウン系のカバーや、亀山などに多い竹のカバーなどは、テキサスリグでないと手返しが悪くなります。

リーダーレスダウンショットの使いどころ

これは、かなり幅広く使うことができるリグであると感じています。

シャロ―エリアが主体になると思いますが、複雑すぎないカバーが、一番の出しどころかと。

こんなようなカバーなら、3.5gくらいの軽めのシンカーでも十分対応できますので、よりナチュラルにカバーを誘いたいときや、カバー内でシェイクして比較的長い時間バスを誘いたいときには、有効かと思います。

また、シャロ―のウィードエリアやオープンウォーターをテンポよく探っていく釣りにも使えます。

重心がまとまっていることから、キャスタビリティも良く、フォールも早いので、手返し良く探っていくことができます。

テキサスリグとスナッグレスネコリグの中間くらいのアピール力や対カバー性能、フィネスさを持っているのが、リーダーレスダウンショットの特徴です。

リーダーレスダウンショットに適したワーム

リーダーレスダウンショットといえば!なOSPのドライブビーバー。

フォール時の「バサロアクション」と呼ばれる、爪をうねうねとさせる動きは唯一無二の動きで、とても秀逸です。

ボトムアップのハリーシュリンプ。

これは、先日50UPを釣ったワームです。

リアルなエビフォルムと、細かいパーツたちが繊細かつ複雑な動きを出すワームです。

まとめ

以上、リーダーレスダウンショットについて、メリットデメリットをまとめてみました。

まだまだ使い込みが足りないので、他にも特徴があると思いますが・・

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

リグ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yuuをフォローする
Yuu Bass Style

コメント