【ケイテック】の魅力や特徴、おすすめルアーについて。

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

様々なメーカーがひしめき合うバス釣り業界にあって、かなり古参の部類である【ケイテック】。

その魅力について考察してみます。

スポンサーリンク

林圭一氏

バス釣り界のレジェンドといっても過言ではない、故林圭一氏が立ち上げたルアーメーカーであるケイテック。

バス釣りブームの走りのとき、他とは一線を画す高品質なルアーを次々とリリース。

多くのプロダクトが、バス釣り界のマスターピースとして今でも使われていますよね。

私も、バス釣りを始めた中学生時代から、バス釣りを再開した現在にいたるまで、多くのケイテック製ルアーを愛用しています。

最近では、初めてロッドをリリースされていますね。

ロングロッドのみという潔いラインアップで、尖った性能を持っていそうな雰囲気抜群。

高品質、低価格

そのケイテックの特徴といえば、「高品質で低価格」であるという点が大きいと思います。

また、いつでも入手しやすいことも大きな魅力です。

ワームの個体差が全くないことはもちろん、パッケージングもすごく丁寧にされています。

林氏のお人柄がわかるような製品たちですね。

そして、高価格化が進むルアー業界ですが、適正な価格で、いつでも手に入るルアーを提供してくれています。

いくら釣れるルアーでも、価格が異様に高かったり、入手が難しいルアーでは使うのをためらってしまいます。

ケイテックのルアーは、いろいろな意味でいつでも安心して使えるルアーですね。

おすすめルアー

ケイテックの製品はどれも高品質で釣れるルアーばかりです。

その中でも、私が房総リザーバーや相模湖などで実際に使い、釣果も顕著なルアーを紹介したいと思います。

カスタムスピナーベイト

まずは、「カスタムスピナーベイト」です。

シンプルな構造で、基本のスピナーベイトという感じです。

コンパクトなボディに比較的大き目のブレードが装着されており、アピール力抜群。

スカートの品質がとてもよく、触っているだけで気持ちいいですw

また、スナッグレス性が高いのに、フッキング性能もとても良い気がします。

スピナーベイトの釣りを覚えるには最適の、基本が詰まったルアーだと思います。

残念ながら、現在は廃盤のようですが。。

スイングインパクト

続いて、「スイングインパクト3インチ」。

超定番ルアーですがw

大き目のテールが、わずかなロッドアクションや水流に反応して機敏に動きます。

軽いシンカーを使ったダウンショットなどでも、フォール時にもしっかりアピールしてくれます。

レッグワームではアピールが足りないかな?と思う状況(バスの魚影が薄い、水が濁っているなど)で使うと、威力を発揮することが多いです。

ダウンショット以外にも、ノーシンカーでのサブサーフェイス引き、ジグヘッドなど、様々なリグに対応しています。

リトルスパイダー

そして、「リトルスパイダー」。

これは、かなり昔からあるワームで、ワーム禁止になる前の河口湖で無敵の釣果を誇りました。

もちろん、相模湖や房総リザーバーでも抜群に効きます。

スモラバでは少し強いかな?と思う時に、ジグヘッドで使うと、スモラバの弱い版として機能してくれます。

私の場合は、リザーバー上流のクリアの水質の場所で、サイトフィッシングで使うことが多いです。

また、中空ボディを活かし、軽いネイルシンカーを内部に入れたリグでも非常によく釣れます。

今シーズン爆発的に流行っている、「沈むムシ」的な使い方ができます。

まとめ

以上、バス釣りルアーメーカーである「ケイテック」についてまとめてみました。

品質、価格、入手しやすや、釣れるという4拍子揃った好感度高いメーカーです。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント