【使い込み】今年、引き出しに追加したいもの。【強化】

スポンサーリンク

こんばんは。Yuuです。

実は本日は有給休暇をいただいておりまして、相模湖に初釣りにいってきました。朝の気温マイナス3度と冷え込んだなかでしたが楽しめました。
釣行記は後日公開します。

スポンサーリンク

引き出し

バス釣りにおいて、「引き出し」という言葉を耳にする機会が多くあります。

使いこなせるルアーの「引き出し」や、エリア(シャロ―やディープ、ウィードエリアや岩盤など)の「引き出し」といった意味でしょうか。

私の「使いこなせるルアーの引き出し」「エリアの引き出し」ともに、非常にさみしいものとなっておりますw

増やしかた

どうやったら「引き出し」を増やすことができるのだろうか。

やはり、使い込むことやエリアを釣りこむこと、つまり「経験」を積む以外にはないと思います。

あたりまえですがw

増やしたいもの

私は、どちらかといえばディープの釣りよりもシャロ―の釣りが好きです。(ディープは何やってるのかわからなくなってしまう。。)

また、数少ない得意なルアーとしては先日も紹介しましたが、「ジャバロンスーパーリアル」などのスイムベイトによるシャロ―の釣りがあります。

この釣りの欠点は、ワームを使用してるためすぐにワームがボロボロになったり、ボロボロにならないまでもフックからずれたりして「手返しが悪い」ことが挙げられます。

そこで

①得意な釣りの延長線上でできそうなもの

②得意な釣りの欠点を補えそうなもの

として

カワシマイキーを買ってみました。(諸事情により、フェザーフックではなくなっています)

亀山のスーパーロコアングラーである川島勉さんがプロデュースしたルアーです。

特徴

大型のプラグですので、アピール力が強くバスを呼ぶ力がありそうです。

また、高浮力設定のためカバーを文字通り躱しながらガンガン引いてこれそう。

これまでジャバロンを使っていたような場所で使ったら面白そう!と思いました。

キャスト

ただし、ジャバロンの特徴にひとつである、「スキッピングのしやすさ」については、劣るかもしれません。

オーバーハングの奥を狙うときは素直にジャバロンを使うとして、それ以外のところでは積極的にカワシマイキーを使ってみたいと思います。

一歩一歩

サンデーバサーにとって、たくさんのルアーやメソッドを短期間で身につけるのは至難の業だと思います。まして、センスの悪い私にはw

今年は、このカワシマイキーを使いこんでみるのと、ほかにも何個か使い込んでみたいものがあるので、それらを使い「自分の引き出し」を増やしていきたいと思います。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント