【片倉ダム】バス釣りのポイントや環境まとめ。【初心者向け】

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

先日初めて行った【片倉ダム】。

数が釣れて楽しかったのですが、それ以上にバス釣りをしやすい環境、美しい景色に魅了されました。

片倉ダムにいったことがない方向けに、雰囲気などをシェアします。

スポンサーリンク

ボート屋さん



今回、私は「笹川ボート」さんを利用しました。

位置としては、ダムサイトの近くにあります。

公式HPはややレトロなものですがw

免許不要の10フィート~14フィートまで、各種ボートを揃えております。

ハイデッキやバウデッキなど、一般的なものであれば適合は問題なしです。

駐車場は広く平坦で駐車しやすいです。

バス釣りにおける最大の敵である駐車場~桟橋までの荷物運びは、電動カートが用意されているので楽々。

たくさんあります。

桟橋までのアプローチは結構急坂ですが、

電動カートのスピードを抑えて、ブレーキをうまく使えば問題なし。

不安な方は、店員さんが声を掛けてくれるのでカート操作をお願いしましょう。

とにかく、店員さんが親切で気持ちの良いボート屋さんです。

ポイント

ボート屋さんでもらえます。

入り組んだ形をしており、幅が狭い場所が多いことが特徴かな。

今回、私は笹川ボートさんからダムサイト方面に向かい、そのまま沢の上流まで行きました。

湖面図でいう、「ビリ沢」「小坪井沢」方面です。

川幅は狭いですが、どこも結構水深が深く、岸から少し離れただけで10~15mくらいあるところが多いです。

今回は表層で釣れたからよかったけど、ボトムをとる釣りなどは難易度高そうな気がしました。。

沢の上流に向かっていくと

こんな感じの立木群が現れます。

最初に見ると、神秘的な感じがして結構感動しました。

また、立木とフラットな地形が合わさった場所には大量のバスがストックされていました。

また、全域にわたって川幅が狭いので、風による湖面の荒れが少ないと思います。

私が行った日は結構風が強かったですが、湖面が波立つことはなかったです。

もちろん、注意は必要ですが、これはありがたい。

結構な風でも、このくらい。

ウィード

片倉ダムは、リザーバーとしては珍しく「ウィード」(水草)が生えている場所が結構あります。

見にくいです、こんな感じ。

ウィードがある場所は水が良いことが多く、バスをストックしている可能性が高いと思います。

スナッグレス性の高いリグやルアーを使うとよいですね。

ブルーギル

あと、感じたこととしてブルーギルがとても多いです。

それも、結構な大型の個体も多くいました。

ブルフラットなどにのギルパターンが効くかもしれませんね。

バスのフライ(稚魚の群れ)に襲い掛かるギルの群れも頻繁に見ました。。

初心者向き

片倉ダムは、

  • ボートに乗りやすい(ボート屋さんが親切)
  • 数が釣れる
  • 自然が豊富
  • 湖面が荒れにくい

ことから、初心者の方やカップルで来るのに適したフィールドだと思います。

(もちろん、手慣れの方でも十分に楽しめるフィールドですが)

自然が豊富

湖全般を通して、自然がとっても豊富です。

湖上に浮いてルアーを投げているだけでも癒されます。

また、野生動物も非常に多く生息しています。

サルがどこにいるかわかりますか?w

木がガサガサいっていると思ったら、サルがいたり。

バスの天敵である「カワウ」も多く見つけました。

カワウは、釣れたバスを狙ってボートに近づいてくることもあるそうなので、注意が必要です。

また、トンビ。

こちらも、ボート上でパンなどを食べていると、突然上から襲ってきて、最悪の場合ケガをすることもあります。

ボートで食べ物を食べるときは、上空に注意しトンビがいたらぜったい食べないほうがよいです。

(私、以前亀山湖でトンビにやられたことがありますが、突然のことでパニックになります。)

あと、虫が多いです。顔の周りや頭上についてくる小さい虫っているじゃないですか。

あれがめっちゃ多くて不快なので、虫よけスプレーなど持っていくと良いかも。

まとめ

以上、片倉ダムでのバス釣りについてでした。

ボート屋さんが親切、雰囲気が良く、数が釣れる貴重なフィールドです。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント