【片倉ダム釣行】真冬の片倉ダム。ディープの釣りにPEスナッグレスネコリグ!

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

少し間が空いてしまいましたが、先日(2月8日)の片倉ダム釣行について。

なんだかんだ、今年になって4回目の片倉ダム釣行となりました。

スポンサーリンク

状況

今年は暖冬と言われておりますが、この週は冷え込みがきつく、この日も桟橋はガチガチに凍っていました。

当然、水温も低下し、朝一の水温6℃台。全週が確か7℃~8℃くらいあったので、結構下がりましたね。

前週は冷え込みが緩く、水がかなり濁っていたこともあり、シャロ―とディープが絞りにくい状況でありました。

今週は水温低下、濁りも多少落ち着いてきている状況。

今日はディープオンリーで良いかなぁと思いつつ出船しました。

ボイル

朝、この時期の定番らしい「宮ノ下」というダムサイト付近のエリアへ。

水温は変わらず6℃台ですが、あちこちでボイルっぽいものが・・?

そういえば、先週のブラックカップの時もボイルしていたような?

ちょいボイル打ちしてみますが無。

あれはバスなのでしょうか・・?

気を取り直して、水深7~8mくらいのフラットをレッグワーム黒のダウンショットで流すことに。

魚探には時折魚っぽい反応があり良さそうでしたが、なかなか反応しません。

1度バイトっぽい「コツッ」という反応がありましたが、うまくフッキングできず。

1時間ほど続けますが、その後反応なし。

ディープの立木にスナッグレスネコリグ!

フラットではなかなか反応がない。

でも、魚は確実にいるはず・・

ということは、どうやって喰わせるかの問題なのか・・

フラットだと、ベイトが多すぎてルアーの存在に気が付かないのか、ルアーに興味を示さないのか・・

などと考えていると、ボートが流され水中に立木群があるスポットへ。

(このエリアには、一部の場所に水中立木群があります。)

普通にダウンショットを投入すると、私のスキルでは根掛かり多発で釣りにならない感じ。

そこで、普段はシャロ―カバーを狙うときに使う

「パワーフィネスタックル+スナッグレスネコリグ」を、この立木群に投入してみることに。

ワームはカットテール。

created by Rinker
ゲーリーヤマモト(Gary YAMAMOTO)

するとなんと1投目で

こんな感じの小さいのでが、釣れてくれました。

魚探に映る立木を目掛け、船の真下に落とし込み、シェイクしていたら喰いました。

イメージとしては、立木の枝にラインを引っ掛けて、水中でちょうちん釣りするような感覚です。

(実際にそのようになっているかはわかりませんw)

小さいけど、今までの自分の引き出しにはない釣り方で釣れたので満足度高め。

その後も同じ釣り方で釣りを続け、もう一本追加。(写真撮り忘れ・・)

なんだかんだ、このまま終了となりました。

タックルバランス

この日、私が使っていたタックルはMクラスのパワーフィネス用ロッドに、PEの1号。

ロッドのインプレ記事です。

シャロ―カバーでは硬すぎず柔らかすぎず、マイルドで使いやすいパワーフィネスタックルですが、この日やっていたディープのシューティングにはやはり硬すぎる感じ・・

当初1.3gのシンカーでネコリグしてましたが、1.8gくらいでないとルアーの動きが分かりにくかったです。

ただ、シンカーを重くすると根掛かりが増えるという・・

おそらく、L~MLクラスのスピニングロッドに、0.4~0.8号くらいのタックルで、シンカー0.9~1.3gくらいでやるのが良さそう。

ゾディアス

ブルートレック

ワイルドワイド

この辺りのロッドを試してみたいですね。

(欲しいものがどんどん増えていく・・)

まとめ

以上、片倉ダム釣行についてでした。

自分的には満足度高い釣行となりました。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント