【亀山湖釣行】令和初の釣行。

スポンサーリンク

こんにちは!

Yuuです。

昨日は亀山湖に行ってきました。

本当は昨日のうちにブログアップする予定でしたが、アクアライン渋滞に体力のほとんどを奪われましたw

さて、中2日ぶりの亀山湖。

2日間での状況変化によりバスがどう動いたのか。

スポンサーリンク

朝一

家を出発した時点では結構雨が降っていて、到着したときも少し降っていましたが、出船時には完全に止んでおりました。

この日ものむらボートさんから出船。

水温は朝一で

このくらい。

この前来た時から今日までの間、冷たい雨が降っていたので少し下がっているかと予想しましたが、ほとんど同じでした。

ただ、エリアによっては多少濁りが入っていました。

小櫃川の濁りが流れてきたのでしょうか。

作戦

この日は、前回良かったエリアの再確認と、その他エリア開拓の2本立ての作戦で開始。

立ち回り

まずは前回良かった亀山大橋の上流側のストレッチを流します。

やや濁っているものの、魚の気配はあります。

しばらくやるも、チェイスはあるがなかなか口を使わない状況。

やはりゴールデンウィーク中の亀山湖。

相当なプレッシャーが掛かっており、ナーバスになっているようでした。濁りの影響も多少あるかも。

その後、のむらボートさん周辺、じいさんワンド、ばあさんワンドを経由して、藤林エリアへ。

ここは立木がたくさんあり人も多いですが、地形が細くなるところなのでカレントが効きやすいかな?と思いしばらく流しました。

すると

亀山アベレージのかわいいサイズですが、令和初フィッシュいただきました!

ルアーはノーシンカー。

再度

その後も藤林エリアで粘るも、やはり口を使う魚が少ない。

いったんボート屋さんにもどりトイレ休憩したあと、亀山大橋周辺を再度探ることに。

濁っているからか、前回よりも人が少なく流しやすかったです。

レイダウンやちょっとした薄ごみ等のカバーが絡むオーバーハング下を中心に攻めていると

2本目ゲット。少しだけサイズアップしたかな?

これまたノーシンカーでの釣果です。

カバー

2本釣れたことで、少し安心しましたw

状況的には濁りとプレッシャーから、バスがカバーに入っているような感じがしました。

そこで、苦手なカバー打ちの練習もかねて、医院下ストレッチをベイトフィネスでのカバーネコのみで流すことに。

最初、すぐに枝やゴミにルアーが引っ掛かってしまい、手返しがかなり悪かったのですが、

医院下を上りきって下ってくるころには、多少手返しがよくなっていました。やっぱり練習

って大事。

しかし、肝心のバイトは得られず。医院下は下流に比べて濁りがきつかったですね。

スコール

その後再び亀山大橋周辺~じいさんワンドを流していると、突然空が暗くなり

超絶豪雨wさらに雷まで鳴り始める始末・・

しばらく橋の下で雨宿り。

変化

スコールは20分くらいで収まり、雷も止んだので釣り再開。

スコールによって魚の動きに変化があるかな?と思い同じエリアを攻めます。

すると、先ほど流したときよりあきらかに見えバスが増えてる。サイズも、アベレージ以上のサイズがカバーから出てきてうろうろしていました。

そして、のむらボートさん周辺や亀山大橋周辺では白い濁りがきつくなっていました。

なのでこちらでは魚は見えず。

じいさんワンド~藤林を重点的に流すことにしました。

しかし、大型の見えバスに翻弄されて、その後はなにもなくタイムアップ。帰着しました。

まとめ

やはり、間隔を開けずに釣りにいくことで、些細なことでも状況変化を感じることができてよいですね。

釣果はしょぼかったけども、勉強になることもありました。

これで一応、平成最後のバス、令和最初のバスともに亀山湖でゲットできました。

帰りのアクアライン渋滞さえなければ、亀山湖はとっても楽しいところですねw

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント