【亀山湖釣行】激込みの亀山湖は春でした。(平成31年4月29日)

スポンサーリンク

こんばん!

Yuuです。

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。

私はありがたいことに10連休をいただけました。

そんなわけで、普段相模湖にコテンパンにやられてばかりなのでw癒しを求めて亀山湖にいってきました。

実は、数年前は結構通っていたのですが、最近は相模湖ばかりでご無沙汰になっていました。

平成最後の釣行で感じたことをシェアします。

スポンサーリンク

のむらボートハウス

亀山湖にはたくさんのボート屋さんがありますが、私はのむらボートさんを利用することが多いです。

位置的に亀山湖の真ん中にあるので、湖の状況が全然わかっていない場合には、小櫃川方面にも本湖方面にも行きやすいです。

スタッフの方々の親切で、気持ちのいいボート屋さんだと思います。

状況

今年初めてどころか、数年ぶりに訪れた亀山湖。

もちろん状況など全く分かりません。

また、SNSやインターネット等での事前の情報収集を意識的にしていなかったので、全くなにもわからない状況からスタート。

(北さんの本で情報収集について言及されています。ぜひ読んでみてください。)

水温は朝の時点で

こんな感じ。

昼には17度くらいまで上がりました。

相模湖に比べてやや温かいですね。

水質はステインといったところでした(ボート屋さん付近)

立ち回り

午前中にのむらボートさん周辺から小櫃川方面に釣りあがっていき、よさそうな場所を午後に集中して攻めることに。

ルアーはサーチベイトとしてハートテール、サイト用にノーシンカー、虫。

のむらボートさん周辺→ばあさんワンド、じいさんワンド方面方面が魚が濃い。朝の段階では喰わなかったが、チャンスはありそう。

亀山大橋周辺→オーバーハング周辺やレイダウン周辺に魚が濃い。ハートテールにチェイスあり。ここもチャンスありそう。

白鳥島→ショアラインには見えバスうようよ。当然スレていて簡単いは喰わない。

医院下→魚はちらほら見えるが、人がかなり多い。

小櫃川上流方面→水が茶濁りしている。私には難しい状況に思えた。

ということで、のむらボートさん周辺と亀山大橋周辺を重点的に攻めることにしました。

人多い!

とはいえ、さすがにゴールデンウィーク真っ最中の亀山湖。

どこに行ってもかなりの数のボートがいます。

なんとか隙間を見つけて釣りをする状況。

見えている魚は、ボートの気配を感じるとすっ飛んで逃げていきます。

このプレッシャーの中、簡単には口を使わないバスをどうやって釣るか。。

亀山湖では定番の「虫系ワーム」。

バスがルアーを見切りにくいからか、プレッシャーに強いイメージ。

また、この日は天気が曇りだったからか、カエルの鳴き声がところどころで聞こえていました。

そこで、青木虫、オリカネムシをローテーションしながらひたすらちょんちょんしました。

オーバーハングの下にレイダウンが絡むような場所を攻めていると、ひったくるようなバイト!!

アベレージサイズのバスでしたが、なんと私今年初フィッシュ!!w

平成最後のバスをゲットすることができましたw

こんなに小さいバスでしたが、久々に感じたバスの引き、事前情報なしからバスにたどり着けたこと、(一応)ちゃんと考えて釣ることができたことから、とっても嬉しかったです。

フォロー

その後もムシでオーバーハングの下を中心に探っていきます。

やはり、オーバーハングの下にレイダウンやちょっとしたカバーがあるようなところでは、かなりの確率でバスがムシを見に来ます。

しかし、バイトには至らず。ムシを鼻先で見切っているような状況。

そこで、チェイスしてきたバスにフォローとしてノーシンカーをキャストしてみると

同じようなサイズでしたが、また釣れました。

ムシは簡単に見切られてしまうのに、その後ノーシンカーを入れたらあっさり喰いました。

その後も同じように各所を攻めていきますが、続かずタイムアップ。5時で終了となりました。

まとめ

久々に亀山湖で、久々のバスを釣ることができてよかった。楽しかったぁ。

しかし!帰り道、アクア連絡道の渋滞をさけようと木更津金田ICまで下道で行ったところ、アクアラインに入るのに2時間以上かかってしまいました・・次回からは素直に高速に乗ろうと思いましたw

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント