【亀山湖釣行】大雨後の状況変化は?

スポンサーリンク

こんにちは!

Yuuです。

昨日(10月4日(金))に亀山湖に行ってきました。

スポンサーリンク

大会のプラクティス?

実は、10月19日に亀山湖で開催される「フォワードブルー」」さんの大会にエントリーしました。

最近は片倉ダムや相模湖ばかりで、亀山湖は結構ご無沙汰。

プラクティスというか、亀山湖の感じに慣れる意味もあり、亀山湖に行きました。

トキタボートさん

亀山湖に行くとき、のむらボートさんかおりきさわボートさんから出船することが多いです。

フォワードブルーの会場はトキタボートさんになっているため、今回はトキタボートさんから出船。

実は初めて利用させてもらいました。

亀山湖でおなじみの電動カートがあり準備は楽々。

トイレもキレイで快適でした。

ただ、駐車場から桟橋までのスロープがかなり急でかつ狭いので、電動カートの扱いには注意が必要。スロープを下っているときはブレーキがきかず止まることができませんでした。

下ってしまえば、桟橋は広くて快適なのですが。

出船後すぐに空模様が怪しくなる

前日の天気予報を確認した際には、この日は曇り予報もしくは小雨予報でした。

ボート準備中は風が少し強めなものの雨は降っておらず。

しかし、出船して30分くらいすると、ぽつぽつと雨が。

雨だけならばいいのですが、ピカッとひかり、ゴロゴロと音が。。

雷の中釣りするのは危険すぎるので、すぐに釣りを中止し急いで桟橋に戻りました。

すると、すぐにバケツをひっくり返したような大雨に。

見にくいですが、車の中から。

天気予報を確認すると、10時ごろまでは大雨の予報ですが、その後は晴れる。

とりあえず、雷が止むまで車で待機することに。

かなりの豪雨、雷ですごく怖かったです。。

(後で聴いた話では、一時的に停電したとか。。)

10時半ごろ再開

結局、雨が止んだ10時半ごろに釣り再開。

青空も見え、急激に気温が上がってきました。

出船後、押切沢方面へ

晴れたのはいいのですが、風が強い。

出船後、風裏を探しつつ押切沢方面へ。

水温、水質

10月だというのに、水温は24℃。高いですよね?

水質は笹濁り。

台風後の濁りが続いているようです。

とりあえずの1本。

風裏を探しながら釣りしていると、モソッというような小さいバイトが。

小さいバイトは大きいバスのことが多い気がしますが、子バスでした。。

子バスでもこの感じのバイトってことは、もしかして活性低いのか?などと思いながら、笹川方面へボートを進めます。

初のエリア

私、普段亀山湖では小櫃川方面や医院下方面に行くことが多く、本湖より笹川方面は初めて行きました。

初のエリアでしたが、正直、どこも同じようなショアラインに見えてしまい攻めどころが分からなかったです。

地形やカレントを理解した上で釣りしないとだめですね。

やみくもにやっていても成長はないなと実感しました。

途中

一応バスには触れました。

その後、風が弱まったタイミングで本湖のフラットでクランクを巻き巻きしたり、カバーにジカリグを売ったりするも、無のまま終了となりました。。

亀山難しい!!

ここのところ片倉や相模湖ばかり行っています。

やはりそれぞれのフィールドで独特の難しさがありますね。

亀山湖は、通いこんでバスのポジションがをきちんと把握し、その上でそのバスに喰わせる技術もが必要だだと感じました。

(大会に向けて、とても不安になりましたw)

まとめ

以上、亀山湖釣行についてでした。

一応プラなので、具体的エリアやルアーを伏せさせていただいております。(私の使ったルアーやエリアの興味などないでしょうがw)

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント