【ジグヘッドワッキー】の使い方まとめ。おすすめワーム5選。

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

ライトリグの中でも定番である【ジグヘッドワッキー】。

その使い方や最適なワームやフックを考察してみます。

スポンサーリンク

ジグヘッドワッキーについて

基本構成は、ストレートワームの真ん中にジグヘッドを装着(ワッキー掛け)したものです。

ワッキーリグは、ノーシンカーリグの派生として、ワームの真ん中にフックを装着するリグとして誕生しましたが、その更に派生という位置づけでしょうか。

使い方

基本的に、「フォール」で使用します。

ラインテンションを抜いたフリーフォール、テンションを掛けるカーブフォールどちにも対応。

フォール時に、シンカーの重さによってノーシンカーよりスピーディーに探れること、フォール時のワームの自発的アクションを強調することができることがメリット。

フォールさせた後は持ち上げて再びフォールさせる「リフト&フォール」が基本ですが、ボトムで細かくシェイクしながら引いてくることや、所謂ミドスト(中層シェイク)も可能。

あらゆるレンジをスピーディーに探れる万能ライトリグです。

他のライトリグとの違い

形状的に似ているネコリグとの違いは、「フォール中に誘える」ことにあります。

ネコリグでもフォール中に釣れることはありますが、基本的にネコリグは早く沈めてボトムで使用するもの。

ジグヘッドワッキーの場合、フォール中に水圧を受けてブルブルと自発的アクションが発生します。

シチュエーション

そのような特徴のあるジグヘッドワッキーですが、使用するのに最適なシチュエーションはどんな場所でしょうか。

まず、スピーディーにフォールさせることができるという特徴を活かし、「岩盤」「杭」といった縦方向に探る必要がある場所に最適です。

特に岩盤などは、広大なエリアからバスを探さなければならないことが多く、ジグヘッドワッキーのフォールスピードが武器になります。

夏場は水通しのよい岩盤が一級エリアになることが多く、ジグヘッドワッキーの出番が多くなります。

縦ストを効率的に攻略するのに滅法強いリグがジグヘッドワッキーリグです。

おすすめのワーム5選

個人的に使って釣果があった、ジグヘッドワッキーにおすすめのワームを紹介します。

基本的にストレートワームで、「自発的アクション」がキモかと思います。

4インチカットテールワーム

まずは定番のゲーリーヤマモト「4インチカットテールワーム」。

どんなリグにも万能に合うワームですが、ジグヘッドワッキーではゲーリーマテリアルの生命感がとても活き、艶めかしい動きをします。

スレたフィールドでも生命感、サイズ感で抵抗なく使うことができます。

フリックシェイク

続いて、ジャッカルの「フリックシェイク」。

独特の曲がり癖が付いた形状が特徴で、不規則な自発的アクションでバスを誘ってくれます。

スワンプジュニア

レインズから「スワンプジュニア」。

シンプルなストレートワームですが、絶妙なボリューム感でハイプレッシャーレイクでも効きます。

マイティーストレート

Dstyleから「マイティストレート」。

一見、とてもシンプルな形状ですが、両端が微妙に膨らんでおり、それが水を掴むのかフォール時の自発的アクションがとても強いです。

また、マテリアルの硬さが絶妙で、少しのロッドアクションにも機敏に反応します。

ドライブクローラー

OSPから「ドライブクローラー」。

ネコリグでの超定番であるドライブクローラーですが、ジグヘッドワッキーでも良い自発的アクションを発します。

おすすめフック

ジグヘッドワッキーのキモであるフックですが、私はこれ一択です。

専用設計だけに、フックやシンカーの形状がジグヘッドワッキーにピッタリに作られており、ワームのズレなどほとんどありません。

また、結構しっかり目のガードが付いており、根掛かりもほとんどしません。

それでいて、鋭いフックポイントによるフッキング性能も抜群。

ジグヘッドワッキーについては、これ以外考えられないくらい溺愛しております。

まとめ

以上、ジグヘッドワッキーについてまとめました。

季節を問わず釣れますが、これからの暑い時期のスローなバスには特に効きますので、是非試してみてください。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

リグ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yuuをフォローする
Yuu Bass Style

コメント