ハイデッキ

スポンサーリンク

こんばんは。Yuuです。

レンタルボートでバス釣りをしていると、必ずといって良いほど欲しくなるもの。それがハイデッキです。

遊心さんハイデッキについてのインプレ記事はこちら。
スポンサーリンク

ハイデッキのメリット

まず、狭いレンタルボートが広く使えることがありますね。

また、目線が高くなることで、サイトフィッシングにも有利になります。

そしてなにより私が感じたのは、エレキのペダルをオフセットできることで、操船が断然しやすく体が疲れにくくなります。オフセットしていないと、常に片足に体重が乗るようになり、足腰にかなり負担がかかるんですよね。

私のハイデッキ

亀山湖をはじめとした房総リザーバーで超定番の「遊心T-style」さんのFRP製ハイデッキを使用しています。

購入したのはかれこれ5~6年前でしょうか。

ボートのガンネルに乗せるタイプの所謂「ツライチ」タイプのものです。

安定性は?

ハイデッキを導入するのに、一番不安なことって「安定性悪くないの?」とか「怖くないの

?」とかではないでしょうか。

結論から言うと、まったく大丈夫です。

私も導入前は怖そうだなぁと思っていましたが、ツライチタイプでも思ったより安定しています。

エレキを踏んでいないほうの足の置き場がたくさんあるので、バランスを取りやすいです。

なんなら、ハイデッキなしのほうが安定性が悪い気すらします。

デメリット

ほとんどないのですが、強いて言えば、運搬の手間がかかることでしょうか。

私のハイデッキはFRP製で軽い(片手でもなんとか持てるくらいの重さ)のですが、折り畳みできないのでかさばります。

車に積み込むとき、ボートのセッティング時にややかったるいです。

特に相模湖は亀山湖のような電動カートがないので、いい筋トレになります。

しかし、湖上で過ごす時間は圧倒的に快適になりますので、そこは我慢です。

まとめ

ハイデッキ導入で釣りはかなり快適になりますし、ボートの見た目がかっこよくてテンション上がります。迷っている方はぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント