ヘビーダウンショットにおすすめのワーム5選。関東リザーバーで釣れるワーム。

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

タフコンディション下で威力を発揮する【ヘビーダウンショット】。

5g以上のシンカーを用いて、ベイトタックルで扱うダウンショットです。

リアクションと喰わせの要素を併せ持つヘビーダウンショットにおすすめのワームをまとめてみました。

スポンサーリンク

レッグワーム2.9インチ

ゲーリーヤマモトの「レッグワーム」。バス釣り界の永遠のマスターピースですよね。

ヘビーダウンショットには2.9インチがおすすめ。

テールのブリブリ感により鋭いリフト&フォールでの動きが抜群にいい。

ステイでもゲーリーマテリアルの生命感で誘うことができる。

まさに万能ワームです。

セクシーアンクル

イマカツから、「セクシーアンクル」。

最近ではボトムアップのブレーバーにお株を奪われた感がありますがw

元祖ヘビダンワームとしてその実力は健在です。

テールの繊細かつ豪快な動き、ボディ全体を使った水押し感、全長(5.5in)による存在感など、クリアウォーターはもちろん、マディな水質にも対応した万能ワームです。

OSPドライブクローラー

OSPから「ドライブクローラー」。

スナッグレスネコのイメージが強いこちらのワームですが、ヘビーダウンショットとの相性も抜群。

シンカーが着底してあと、フリー状態になったワームがフォールするときのフォール姿勢、アクションが絶品。

くねくねと生命感抜群のフォールをします。

私はリーダー長めで使用し、シンカー着底後のフリーフォールで喰わせることを意識して使うことが多いです。

OSPドライブクロ―

またまたOSPから「ドライブクロ―」。

クロー系ワームのマスターピースとして古くから定番商品となっています。

テキサスでのカバー打ちで使うイメージが強いですが、ヘビーダウンショットにも相性がよいです。

爪のバタバタアクションでフォール中にもアピールしてくれるし、ふわふわした感じで使っても良い動きをします。

ベイトフィッシュが多くてバスがルアーに興味を示さないときなど、効果的に使うことができます。

ヤマセンコー

ゲーリーの超定番ワームであるヤマセンコー4インチ。

ノーシンカーでの水平フォールが有名ですが、ヘビーダウンショットに使用してもその強みが活かせます。

オフセットフックを使用してボトム付近でリフト&フォールさせると、水平姿勢でフォール、機敏な動きでリフト時の動きもよい。

絶妙なボリューム感で、特にデカバスに効果が高いように思います。

関東リザーバーではボリューム感ありすぎな気がしてあまり使われないのか、他のワームに比べてスレにくいのもよいポイントかと。

まとめ

以上、ヘビーダウンショットにおすすめのワーム5選でした。

様々なワームを試してみて、またおすすめワームが見つかったら追記します。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント