【ギル神田店】に行ってみました。都会のオアシス!?

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

私は神奈川県民でして、普段は近所の釣り具屋さんに行くことが多いです。

先日、仕事の関係で都内に行くことがあり、仕事終わりに憧れのお店に行ってみました。

スポンサーリンク

ギル神田店

バスブームと言われた十数年前から、名前だけは聞いたことのあった「ギル神田店」さん。

雑誌への広告なども積極的に掲載している有名店ですよね。

これまで足を運んだことがなかったのですが、初めていってみました。

中古釣り具

現在でこそ、タックルベリーをはじめとした中古釣具店が数多くありますが、バスブームの時はほとんどなかったように記憶しています。

ギル神田店さんは

「ギル」は、1990年にルアー・フライ用品専門店として創業し、1993年から他社に先駆けて中古釣具(ルアー、フライ用品)のリサイクル・リユース事業を都内2店舗で展開しています。“26年の買取実績”のある、中古釣具(ルアー、フライ用品)の買取・販売はもちろん、ブラックバス、トラウト、シーバス、エギ、オフショア、雷魚、そしてフライの新品釣具の販売を始め、エレクトリックモーター、ボート関連商品の販売も行っています。また、ウェブショップでのインターネット販売、お電話での通信販売も行っています。

公式HPより

とあるように中古釣具取扱いのパイオニア的存在ですよね。

品揃え

実際、足をはこんでみて、中古釣り具の品揃えはさすがでした。

ハードルアーは、棚にかけられキレイに陳列されています。

フックにカバーが付いていたり、スピナーベイトやバズベイトのフックにもチューブが付いていたりと、細かな気遣いがうれしいです。

絶対数はタックルベリーのほうが多い気もしますが、なんというか品揃えのクオリティがよかったです。使えるルアーが多いという感じ。

また、中古といえど比較的キレイなルアーが多かったように思います。

ワーム関係も、定番ものからレアものまで幅広く、比較的キレイなものが多いように感じました。

そのあたり、釣りが好きな方がお店を切り盛りしているんだろうなーと感じさせるお店でしたね。

新品の品揃えも良いです

ギル神田店さんといえば中古釣具店というイメージですが、店舗の半分くらいは新品の釣り具が陳列されています。

決して大きい店舗ではないので、陳列できるルアーにも制限があるかと思いますが、その品揃えは絶妙な感じでした。

人気のルアーや定番ルアーはしっかり押さえ、ベローズギルやビーブルなどの話題のルアーもしっかり置いてありました。

また、レイドジャパンやボトムアップ、DStyleあたりのキャップがおいてあったのもポイント高いです。

まとめ

以上、ギル神田店さんに行ってみての感想です。

大都会のど真ん中にある、サラリーマンの癒しスポット的な感じで、とってもよい雰囲気でした。

都内に行く機会があれば、また立ち寄りたいと思います。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント