RYUGI(リューギ)【フットボールヘッド】インプレ。

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

RYUGI社から発売され、大人気となっている「フットボールヘッド」。

今更ながら購入して片倉ダムで使用してみました。

使用感などインプレッションします。

スポンサーリンク

リューギ フットボールヘッドTG

個性的で革新的な商品を次々にリリースし続けているRYUGI社。

バス釣り界のフック、シンカーのメーカーとしては新規参入組かと思いますが、そのシェアはかなり上がってきているように感じます。

そのRYUGI社から発売され、大人気となっている「フットボールヘッドTG」。

ストレートリトリーブによる、安定した中層スイミング、シェイキングを伴うミドスト系アクション、意図的なボトムスタック&ハングオフを意識したリアクション、真下へと落下するフォール…新たなリグのバリエーションが、新たな扉を開く。

公式HPより

フットボール型のシンカーに、任意のフックを取り付けるワイヤーが付属しており、フットボールジグでもテキサスリグでもない、全く新しい動きや特徴を有するリグが完成します。

セッティング

RYUGI【フットボールヘッド】 フックセット法とインナーワイヤー調整方法

公式の動画を見るとわかりやすいです。

シンカーに埋め込まれたワイヤーをせり出させ、そこにフックのアイを通しをセット。

再びワイヤーをシンカーに戻し、ロックさせれば完成です。

私は家でフックをセットしてから釣りに行きましたが、1度やってみれば、非常に簡単にセットできます。ボート上などの不安定な場所でも簡単にセットすることが可能だと思います。

テキサスやキャロ、ダウンショットに比べ、かなり簡単にリグることが可能です。

使用方法、使用感

公式HPによると、中層でのスイミング、ボトムでの使用どちらにも対応しているようです。

今回、いろいろな使い方をしてみました。

ラバーの抵抗がない分、早く沈む

通常のフットボールジグと比べ、かなり早く沈む印象です。

ラバーの抵抗がないからでしょう。

ボトムでのリアクションを誘う釣りの場合、フットボールジグより軽めのウエイトを使用しても、キビキビとした動きが出せます。

軽いウエイトを使用することで、根掛かり軽減にもつながりますね。

フックの可動域がある分、ワームが自由に動く

これは、実際に動かしてみて目でみて感じたことですが、フックがある程度可動することで、ワームが上下にゆらゆらと揺れる動きをします。

ボトムでのリフト&フォールやシェイク時にも、ワームがより大きく動きます。

中層でのスイミングでも、ロッドワークに応じてワームが大きく動き、ミドストよりも強烈な水押しにより大きなアピール力があると感じます。

フックが常に上を向くので、根掛かりが少ない

フットボールヘッドはその構造上、フックポイントが常に上を向きながらアクションします。

オフセットフックを使用していることと、フットボール型シンカーならではの、ボトムでの安定した姿勢も相まって、フックがモノに引っ掛かることが少ないです。

ボトムにあるオダや沈船などに絡めて使用しても、回収率が高いので安心して使用することができます。

ライトカバーなら対応可能

フットボールでカバーを攻める人は少ないかもしれませんがw

ちょっとしたライトカバーならば対応可能でした。

さすがにテキサスやリーダーレスダウンショットのようにすり抜けが良いわけではありませんが、薄ごみやレイダウン系のカバーならばきちんとカバーの中に入り、回収することができました。

ロッドを持ち替えたりするのが面倒なときなどは良いかもしれませんね。

売っていない!

このフットボールヘッド、非常に優秀な使用感で、使い込むことで大きな武器になりそうな予感がありましたが、とにかく売っていない(笑)

重めのウエイトなら比較的手に入りやすいですが、一番使用頻度が高くなる5g~10gのウエイトは、近頃ほとんど釣具屋で見なくなりましたね。。

まあ、そのうち入荷するでしょうが。

あと、値段が少し高め。

独自のギミックを搭載しており、その開発や加工に費用が掛かっているのかと思いますが、単純なモノとしてみるとかなり高く感じます。

まとめ

以上、RYUGIのフットボールヘッドについてのインプレでした。

革新的な構造で、独創的なリグながら、結構オールマイティに使える、使いどころの多いリグのように感じました。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

小物
スポンサーリンク
スポンサーリンク
yuuをフォローする
Yuu Bass Style

コメント