【エンジンフォールクローラー使ってみた。こいつは釣れそう!!ドライブクローラーとの違いは!?

スポンサーリンク

こんばんは。

Yuuです。

スポンサーリンク

エンジン フォールクローラ―

エンジン(ENGINE)社から発売されている【フォールクローラー5】を使ってみました。

村川勇介プロがプロデュースしたストレートワームで、独特の扁平ボディを持っています。

ネコリグでの使用に適しているワームです。

この手のワームでは、ドライブクローラー(OSP)や、トルキーストレート(DSTYLE)、スワンプシリーズなど、名作ぞろいですよね。

そんな中、フォールクローラーの実力はいかに!

ボリューム感

使ってみて、まず思ったのが、ボリューム感がすごいということ。

手にとると、独特のずしっとする感じがあります。

マテリアルはやや硬めかな?

波動

そして、最大の特徴である「扁平ボディ」による効果か、動かしたときの波動が大きく感じました。

ボトムでちょこちょこ動かしているときも、ワームの移動距離が少ない感じがします。

また、ミドストチックに中層を引いてくると、結構ブリブリした感じが伝わってきます。

アピール力が高そうですので、特に水が濁ったときに釣れそうです。

あと、水の中での抵抗感が強いため、動かしていて何をしているのかがわかりやすいです。

私のような初心者には、この「何をしているのかわかりやすい」というのが釣れる要素になると思います。

しっかりボトムを取ることや、中層でもどのレンジを動いているのかわかりやすいことで、狙いを正確にできます。

根掛かり少ない!

そのボリューム感やマテリアルの張りがあるからか、根掛かりが少ないように感じました。

レイダウンやゴミだまりのようなところ、ボトムにいろいろなものが沈んでいて、ダウンショットや通常なワームのネコリグだと引っ掛かりやすいときが出番かな。

あと、ベイトフィネスやパワーフィネスでのカバー打ちにもよさそうです。

マテリアルが固めなので、針持もよい!この手のワームではなかなかよい方だと思います。

まとめ

エンジン フォールクローラー5のインプレでした。

波動が強くて、引っ掛かりにくいフォールクローラー5。

皆様も使ってみてはいかがでしょうか。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント