ダイワ新作リールまとめ。【2019-2020】

スポンサーリンク
出典 ダイワ公式HP

こんばんは!

Yuuです。

ダイワから続々と新作リールの発表がありましたね。

すでに様々なサイトで特集されていますがw特徴やスペックをまとめます。

スポンサーリンク

ジリオン10.0 SVTW

出典 ダイワ公式HPより

超ハイギアを搭載したジリオン10.0SVTW。

なんと、その名の通り10:1のギア比となっています。

最大巻取り長がなんと106㎝!

他メーカーを含めてもトップレベルの巻取り長です。

参考に、アブのレボロケットで最大巻取り長105㎝。

公式HP 動画

最先端をいくアメリカのバストーナメントシーンで活躍する大森プロが待望し続けた世界最速チューニングマシン。ハンドル1回転106cm、ギア比10.0:1の最速ギアをがっちり支えるフルメタル(AL)ハウジングを纏ったジリオンの最終進化モデル。

公式HPより
Project T 2020 EPISODE 3 “TAKAHIRO OMORI meets ZILLION 10 SV TW” 【 Project T Vol.59 】

この動画を見ればあらかたのことはわかりますw

デザイン

ブラック基調にブルーっぽいアクセントが散りばめられたボディ。ブルーの部分は、マジョーラカラーのような見る角度によって色が変わる仕様でしょうか。

とてもかっこいいですね。ダイワは、ウエアにしてもタックルにしても、洗礼されたデザインの商品が多いです。

スペックなど

SVスプール、TWS(Tウイングシステム)搭載のモデルとなります。

この機構の組み合わせは、17タトゥーラSVTWを使用していますが、トラブルレスでストレスフリーに使うことができます。

ジリオン10もトラブルレスなリールに仕上がっているはず。

自重は215gと最近のリールにしてはやや重め。

フルアルミ合金のボディなのである程度は仕方ない部分なのでしょうか。その代わり、剛性が高くなっているのでしょう。

超ハイギアの巻き心地などを緩和しているのかもしれません。

高強度、軽量なG1ジュラルミン スプール を搭載しています。

回収が早く手返しが良いリール

ジリオン10、過去最高レベルの巻取り長で、回収がとてもはやくなり、手返しが圧倒的に良くなりそう。

テキサスやジグでのカバー打ち、フロッグ系など釣りにはとても良さそうです。

価格は定価43,000円ということで、実売は3万円台くらいでしょうか。

スティーズ AIR TW

ダイワのベイトフィネス機のフラッグシップとして発表された「スティーズAIR TW」。

ダイワのベイトフィネス機のフラッグシップは、永くT3AIRが担っていましたが、ついにスティーズシリーズからベイトフィネス機が登場です。

超小口径28mmスプール

なんと、28mmという超小口径のスプールを搭載してきました。

レスポンスが上がり、慣性力が大幅に減少。

より軽量ルアーに対応できるようです。

巻取り長

ここまで小径スプールだと、巻取りが遅くなりそうなものですが、ハイギア化により克服。

ギア比9.1のモデルで最大巻取り長80㎝と、十分な巻取り長を確保。

ローギアモデルはギア比6.8で巻取り長60㎝。トルクフルな巻取りが期待できそう。

小型のクランクやシャッドなどをベイトフィネスで扱うのに最適でしょう。

沢村プロも開発に携わっている

KTFのサワムラプロも、開発に携わっているようですね。

http://www.karil.co.jp/sawamura/blog/page/NUM1838.html

沢村プロブログ「サワムラ式」

自重135g

ベイトフィネス機としては自重は気になるところ。

スティーズAIRTWは、自重135gと超軽量に仕上がっています。

アルデバランBFSが130gですが、ほぼ同等の自重ですね。

ベイトフィネス機の最高峰

スティーズAIR TW、ベイトフィネス機の最高峰として、これまで不可能であった自重のルアーをストレスなくキャストできる性能があるリールかと思います。

定価68,000円と、価格も最高峰ですが、それだけの価値があるリールでしょう。

19タトゥーラSVTW

そして、まさかの発表となった19タトゥーラSVTW。

17タトゥーラSVTWの後継機なのでしょうか?それともタトゥーラTWの進化版?

いづれにしても、この19タトゥーラSVTW、かなり魅力的なスペックで登場です。

17タトゥーラSVTWは私も使用しており、とても優秀な使用感で気に入っておりますが、さらにパワーアップしている感。

2019 NEW TACKLE インプレッション STEEZ CT SV TW Part1|Ultimate BASS by DAIWA Vol.150
17タトゥーラSVTWのインプレ記事。

17タトゥーラSVTWとの違い。

スペック表を見る限りの違いなので、細かな点はあるかと思いますが、大きな違いとしては以下。

ハンドル長が 80mm→85mmへ変更

ベアリング数 6/1→7/1へ増加

スプール径 33mm→32mmへ小径化

自重 200g→190gへ軽量化

定価 28,500円→25,900円と安価へ

スペック上の違いはこんなところでしょうか。

スプール径や自重からして、ややフィネスなルアーも投げられるようになっているのかも。

定価が約3,000円安くなっており、実売では18,000円~くらいになるのか?

このスペックでこの価格帯はとても魅力的ですね。

ギア比については、17タトゥーラSVTWとほとんど同じ3種類で、巻取り長も大きな違いはなさそうです。

SLXキラー?

この価格帯で、32mmスプールを搭載してきているリールといえば、シマノが今年発売して大ヒットしている「SLX MGL」がありますね。

こちらも使用しており、噂通りの高性能を発揮しています。

このSLXの大ヒットを受け、ダイワとしても対抗機のタトゥーラSVTWをバージョンアップしてきたのでしょう。

タランチュラ多めのデザイン(汗)

公式HPより

この19タトゥーラSVTW、サイドプレートとメカニカルブレーキに大きくタランチュラの装飾が。

シンプルな見た目の17タトゥーラSVTWから、派手になった印象です。

タトゥーラTWもタランチュラ装飾がありましたが、さらに派手になっていますね。

好きな人は好きなのかもしれませんが、私はなんとも・・(笑)

カスタム意欲をそそりそうですw

まあ、性能が良ければ見た目にはそこまでこだわりませんが。

17タトゥーラSVTWの扱いは?

この19タトゥーラSVTW、タトゥーラTWの後継機としての色合いが強いのでしょうか?

そうなると、17タトゥーラSVTWは廃盤になるのか、継続するのか・・

17タトゥーラSVTWが投げ売りされていたら、そちらを狙うのも良いかも。

非常に優秀なリールなので。

まとめ

以上、ダイワの新作リールまとめでした。

攻めたラインナップの新作が多いダイワ。

今後もその動向から目が離せませんね。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント