【ワームのカラー】釣果に差がつくカラー選び。

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

ワームを買う時、使用する時、カラーをどのくらい重視していますか?

ワームのカラーの重要性について考察してみます。

スポンサーリンク

バスは色を識別できる!?

バスが色を識別しているのか。

諸説ありますし、バスにならないとはっきりとはわかりません。

ですが、同じ場所、同じワームでも、カラーを変えただけ釣れることがあるなど、でちょっとした色の違いで釣果に差が付くのも事実。

おそらく、バスはおおまかな色の濃い薄いなどは識別しているように感じます。

カラーの選び方

釣具店に並ぶルアーは、同じ種類でもたくさんのカラーがあり、どのカラーを買えばよいのかわからなくなってしまいがちです。

超基本的なことですが、

クリアウォーターの場所=ナチュラル系カラー

マディウォーターの場所=アピール系カラー

というのが、カラー選びの基礎になるかと思います。

ナチュラル系カラーとは

  • スモークやウォーターメロンなどの地味目なカラー
  • ベイトフィッシュやエビ、ミミズなどに似せたリアル系カラー

という感じ。

水に溶け込むようなカラーや、実際に生息している生物に似せたカラーで、バスに違和感を与えずに喰わせる。というような釣り方ですね。

アピール系カラーとは

  • チャートやピンクなど、派手なカラー
  • 黒など、水中でシルエットがはっきりするカラー

が該当します。

水が濁ったフィールドで、ルアーの存在をバスに気が付かせるような釣り方。

基本的にはこんな感じの選び方をしています。

状況による使い分け

  • クリアウォーター=ナチュラル
  • マディウォーター=アピール

というのが基本ですが、

「普段クリアなフィールドが雨などでやや濁った」場合には、マディとはいかない水質でもアピール系のカラーが効いたりします。バスの目が水質に慣れておらず、ナチュラル系だと発見しにくいからです。

また、ディープでのダウンショットに黒のレッグワームが定番となっているように、ディープを探るときはシルエットがはっきりするワームが良いことも。ディープは太陽に光が届かず、視界が悪いことが影響しているのでしょう。

同様に、天気によってカラーを使い分けることもできます。

晴れて太陽の光量が多い場合、マディウォーターでもナチュラルなカラーを使用したり、反対に曇ったり雨でローライトなコンディションでは、クリアウォーターでもアピール系のカラーを使用したり。

また、季節やフィールド特有のカラーの選択もあります。

代表的なものでは、亀山の赤カエルパターン(赤っぽいカエルルアーを使用)、ザリガニパターンなど。

その辺は、フィールドに通いこむことで覚えていくしかないかと思います。

一色だけ買うとしたら?

水の色や状況によってカラーを使い分けたいところですが、初めて使用するワームなど、いきなりたくさんのカラーを買うことはためらいますよね。

そこで、もし一色だけワームを買うとしたらどんなカラーを買いま私は、万能カラーと言われる「グリーンパンプキン」を買うことが多いです。

クリアな水質でも違和感が少なく、やや濁ってもシルエットが比較的はっきりするためです。

グリーンパンプキンがラインナップにないワームの場合は、どちらかと言えばナチュラルなカラーを買います。

私が普段行くフィールドが相模湖や亀山湖など、そこまで濁りが少ないフィールドということもありますが、日本のスレたフィールドでは、ナチュラルなカラーが効くことが多いように感じるからです。

人間側の精神的に面においても、ナチュラルなカラーのほうが信じて投げ続けるということもありますw

まとめ

以上、ワームのカラーについての個人的考察でした。

自分の釣りに、「カラー」という軸をしっかり持つことで、釣果アップにつながるかもしれませんね。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント