ワームより釣れる!??コンパクトなスピナーベイトまとめ。

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

暑かった今年の夏も終わりを迎えつつあり、そろそろ秋の気配が漂ってきましたね。

秋と言えばバス散り、いろいろな場所にいるようになります。

そして、そんな時こそ効くと言われる巻物!

巻物の中でも、スナッグレス性の高さからストラクチャーに強く、手返しよく探れる「スピナーベイト」。

一見、何を模したルアーか分からないためとっつきにくいルアーでもあります。

そこで、初心者にも「これなら釣れる」と思える、コンパクトなスピナーベイトについてまとめました。

スポンサーリンク

SRミニ

まずは、エバーグリーンの【SRミニ】。

元祖?コンパクトなスピナーベイトとして、長年第一線で活躍するルアーです。

バス釣りブームであった十数年前から使っていますが、私が一番多くのバスを手にしているスピナーベイトです。

コンパクトで美しいフォルム。そして、意外なほどに大きめのバイブレーションを発生させ、周囲のバスにアピールします。

フックが細軸で、ライト目なタックルを使ってもしっかりとフッキングしてくれますので、ロッドの本数に制限のあるおかっぱリにもとてもおすすめできます。

D-ZONE フライ

またまたエバーグリーンから【DーZONE フライ】。

清水盛三プロの代名詞とも言えるD-ZONEのコンパクト版です。

オリジナル譲りの湾曲したアーム形状によりバイブレーションを増幅し、コンパクトなフォルムながらしっかりアピールしてくれます。

ウエイトは1/4オンスですが、フォルムがコンパクトでまとまりがよいため、キャストもとてもしやすく、飛距離も驚くほどでます。

ジャッカル デラスピン

ジャッカルからは【デラスピン】。

「釣果を求めたコンパクトスピナーベイト」として開発、発売されました。

特徴は、インディアナ(コロラドとウィローリーフの中間)形状のブレード。

短めのアームですが、ブレードの形状によりしっかりとしたバイブレーションを発生します。

また、フックにはフェザーが取り付けられており、フックの存在感を消す工夫がされています。

ワームばかり使っている私にも、全く抵抗なく使える「釣れる気がする」スピナーベイトです。

まとめ

以上、コンパクトスピナーベイトについてのまとめでした。

これからの季節威力を発揮する巻物のなかでも、初心者にとっつきやすいコンパクトスピナーベイト。

ワームより釣れるかどうかはともかくw一つ持っておいて損はないかと思います。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント