DSTYLEからロッドが登場!【BLUE TREK(ブルートレック)】まとめ。

スポンサーリンク
出典:公式HP

こんばんは!

Yuuです。

昨日、青木大介プロのDSTYLEから、「重大発表」がありました!

SNSなどではすでに話題沸騰しておりますが、なんとDSTYLEからロッドが発売されるとのことです!

大人気メーカーのDSTYLEからのロッドということで、2020年度の大きなトピックになりそうですね。

スポンサーリンク

追記 機種が発表されていました!

最初の発売はスピニング4機種、ベイト6機種です。

どれもベーシックで使いどころの多そうな番手ですね。

また、今後の展開も楽しみです。

なお、ガイドは「アルコナイト」素材で(ゾディアスなどで採用されているもの)、価格は3万円前半となっております。

スピニング3機種

ベイト7機種

BLUE TREK

その名は【BLUE TREK(ブルートレック)】。

まずは11機種が発売されるようです。

詳細は未発表ですが、画像を見る限り、ベイト6機種、スピニング4機種っぽいですね。

セパレートのコルクグリップ(1機種だけセパレートでない)、随所に青いコスメが配され、黒のブランクス。

いかにも青木プロ、DSTYLEらしいコスメに仕上がっています。

コンセプトムービー

【BLUE TREK】DSTYLE Brand New Rod Series.

現段階では情報がほとんどないのですが、コンセプトムービーが発表されています。

見る限り、ボートでの釣り、おかっぱりといろいろなシチュエーションで使用しています。

11機種という機種数からも、比較的バーサタイルな、汎用性の高い番手が多いのでしょうかね。

DEEZシリーズは!?

青木プロのロッドといえば、アブガルシアのファンタジスタDEEZ。

青木プロの人気に比例して、愛用者の多い人気シリーズですよね。

私も3本のDEEZを所有しておりますが、操作性がよく、使っていてテンションの上がる良いロッドだと思っています。

DSTYLEからのロッド発売ということで、DEEZシリーズは消滅か!?

と思いましたが、「DEEZは引き続き継続する」と、青木プロが名言。

DEEZユーザーとしてはほっとしましたw

BLUE TREKとDEEZで、それぞれ別の特徴を持ったロッドになるのでしょうか。

DEEZシリーズとの棲み分け

あくまで私の予想なので、聞き流していただきたいですがw

DEEZシリーズは来年3月にリニューアルの予定。

NEW DEEZ
機種レングス(ft/cm)パワーテーパールアーウェイト(oz)ライン(lb)メーカー希望本体価格
NDC-610M6’10″/208ミディアムファースト3/32~1/28~1442,000円
NDC-610MH6’10″/208ミディアムヘビーファースト5/32~1/212~2042,000円
NDC-72X7’2″/218エクストラヘビーファースト1/2~214~3043,000円
NDC-711X7’11″/241エクストラヘビーファースト1/2~214~3045,000円
NDC-68M6’8″/203ミディアムファースト3/32~1/28~1442,000円
NDS-66ML6’6″/198ミディアムライトファースト1/32~3/83~642,000円

スペックとして、現段階の情報ではこんな感じ。

ベーシックなモデルもあり、BLUE TREKとも被りそうですよね・・?

ということは、価格帯で差別化をするのかもしれません。

DEEZシリーズは、定価4万円以上の所謂ハイエンドモデル。

昨今のバスロッドは、低価格でも良いモノがたくさんあり、あくまで本数をベースとした「売れ筋」としてはそちらに偏っているように思います。

もしかしたらBLUE TREKは、そのゾーンに新たな風を吹かせてくれるロッドかもしれません!(希望的観測)

定価1万円台後半~2万円台前半、実売1万円台中盤くらいだったら、バカ売れしそうな気がしませんか!?

まあ、あのDSTYLEからのロッドが出るということで、価格に関係なく売れるでしょうが・・

いずれにしても、公式の発表が待ち遠しいですね。

まとめ

以上、DSTYLEの【BLUE TREK】について、現段階で分かっている情報についてまとめました。

スカスカの内容ですみませんw

DEEZユーザーとしては、とっても気になる情報だったもので。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント