【ダイワ バスX】開封の儀。エントリーモデルの実力は!?

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

先日紹介しました、ダイワのエントリーモデルである【バスX】。

実売価格7,000円以下の超エントリーモデルのベイトリール。

こちらを買ってみましたので、開封レポートしてみたいと思います。

スポンサーリンク

開封!

あたりまえですが、きちんと箱に入ってましたw

中身は本体と説明書のみ。

他に付属品などはありません。

シンプルですが、必要最小限で価格を抑えてくれているのが伝わって好印象。

見た目

うーん。やっぱりこの見た目。。

めっちゃかっこいいです!!私的には、シンプルですごくよい感じ。

実は、実物を見ないで買った(アマゾンで買いました)ので、届いてみて安っぽかったらどうしようとか、愛着沸かないかなーと思っていましたが、杞憂でした。

とても7,000円以下で買えるリールには見えません。

一昔前の中堅クラスのリールと同等くらいの質感はあると思います。

触ってみて

もってみてまず感じたのは「軽っ!」

自重195gということで、昔のTD-Zと同等ですw

最近のハイエンドに比べれば重いかもしれませんが、実釣上なんの不都合もない重量です。

そして、各所の回転や巻き心地はどうか。

まず、スプールの回転ですが、指で弾いてみた感じすごくスムーズの回転しました。

音も無音で、回転のフィーリングに安っぽい感じはしないですね。

これは、実際に投げてみないとわかりませんが、回転のフィーリングからしたら問題なさそう。

巻き心地について。

こちらは、やや重さというか、硬い感じがしました。

なんというか、スムーズさが足りないというか。。

まあ、釣りをする上で不便かと言われたらそうでもない感じですが、気持ちのいい巻き心地ではない気がしました。

値段を考えれば妥当だとは思いますが。

カスタムベース

私、リールのカスタムにはまったく興味がなくノーマル以外で使ったことがないのですが、このようなエントリーモデルをカスタムしてみるのも悪くないかも。

ベアリングの追加やカスタムパーツの取り付けなど、つけたときの変化が高級リールに比べてわかりやすいかもしれません。あくまで予想ですが。

まあ、まずはノーマルで使ってみて不満があればカスタムも検討するかも。

まとめ

最近のタックルの進化には毎回驚かされます。

この【バスX】も、とても実売7,000円以下のリールとは思えない質感がありました。

値段以上の価値があるように感じました。

また使ってみたらインプレします。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント