【ダイワバスX】低価格ベイトリールのインプレ。価格なり!?

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

先日購入した【ダイワ バスX】。低価格帯のベイトリールとして発売されたものです。

1か月ほど使用しましたので、使用感などをインプレしたいと思います。

スポンサーリンク

外観

まず、外観ですが、艶アリ黒をベースにシルバーとゴールドの装飾で、結構カッコいいと思います。

ハンドルの形状などもオフセット?タイプになっており、見た目に関しては気に入っています。

飛距離

ベイトリールの性能を測るうえで分かりやすい「飛距離」。

ちなみに、主に使用しているのは、ワイルドハンチやブリッツなどの軽量級クランク、3/8OZのスピナーベイト、ハートテール3.5のノーシンカーなど、おおむね7g~20gくらいのルアーです。

比較対象は、私が普段使っているタトゥーラSVTW、スコーピオンDCになります。

バスXの飛距離は、「そんなに悪くない」といったところでしょうか。

ボートで釣りをする上では、飛距離はあまり重要ではないということもありますが、飛ばなくてストレスがたまるとか、釣りにならないということはないです。

価格的には上記2機種の半額~1/3以下なので、それを考えれば飛距離に関しては合格点かと。

巻き心地

これも、ベイトリールの性能指標としてよく用いられる「巻き心地」。

ルアーを付けないでハンドルを巻いた(空転させた)ときには、なんか重いなと思いました。

しかし、実際にフィールドでルアーを巻いたところ、そんなに気にならなかったです。

もちろん、他のリールに比べて多少重い気がしますが、実釣に影響がでるほどではないというか(あくまで私レベルのアングラーにとっては)。

と、ここまではポジティブよりの結果ですね。

ブレーキ

ブレーキ設定として、私は普段メカニカルブレーキを結構弱めて(クラッチを切るとルアーがするすると落ちていくくらいに)、マグブレーキ(DCの場合は調整なし)で調整することが多いです。

タトゥーラの場合、それでほとんどのウエイトのルアーをこなすことができます。

しかし、バスXの場合、メカニカルブレーキを緩くしている場合、マグブレーキを最強にしても、ブレーキが弱すぎてしまいます。

これはどんなウエイトのルアーを使っても同じでした。

つまり、マグブレーキに関しては常時最強に設定して、メカニカルブレーキで調節する必要がありました。

これは、結構ストレスでした。

ラインの量が多すぎ(重すぎ)なのかな?と思い、糸巻量を半分(ナイロン10ポンドを50M程度)にしてみても、結果は同じ。

ノーマルの状態では、マグブレーキが弱すぎるということです。

ライントラブル

ブレーキ設定とも関係してきますが、ライントラブルは正直言って多いです。

もちろん、キャストがうまい方が使えばそんなことはないのでしょうが、私のような初心者が使うと、かなりバックラッシュが多いと感じました。

(タトゥーラやスコーピオンDCではほとんどバックラッシュしません)

やはり、マグブレーキの弱さが露呈してしまうというか。

オーバーハングの下にハートテールをスキッピングで入れるときなど、2回に1回くらいは軽度のバックラッシュをしてしまいました。

メカニカルブレーキを強めにすればバックラッシュは少なくなりますが、当然飛距離はがた落ち。

また、メカニカルブレーキを強めるとルアーをコントロールするのが難しくなり、ピンスポットをの釣りをする場合、かなりのハンデを背負うこととなってしまいます。これな慣れの問題かもしれませんが。。

初心者におすすめ!?

エントリーモデルとして、買いやすい価格である【バスX】。

当然、ターゲットはバス釣りを始める方や初心者の方になろうかと思います。

しかし、初心者の方が使うと、ライントラブルの多さから手返しが悪くなり、結果として釣果に悪影響がありそうな気が。。

初心者の方こそ、もう少し上のグレード(タトゥーラシリーズやスコーピオンシリーズなど)を使ったほうが、ストレスフリーに使えると思います。

カスタム

私、リールのカスタムって全くやったことがないので、未知の領域なのですが、ブレーキの強化やベアリングの追加など、カスタムすることで使いやすくすることができるのであれば、やってみようかと思います。

これについてはもう少しリサーチしてみたいと思います。(詳しい方、ぜひ教えてください!)

まとめ

以上、【ダイワ バスX】ベイトリールのインプレでした。

価格を考えれば、これ以上を望むのは酷なことかもしれませんね。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント