【ダイワ バスX】低価格ベイトリールの長期使用インプレ。初心者におすすめなのか。

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

今年、ダイワから発売された低価格ベイトリールである【バスX】。

バスXは初心者向けのエントリーモデルという位置づけですが、果たして本当に初心者向けなのか。

3か月ほど使用しましたので、インプレを記載します。

初期インプレはこちら
スポンサーリンク

良いところ

まず、バスXの良いところですが、

  • 軽い
  • 適度なギア比

があります。

軽さについては、195gと最近のベイトリールのなかではそんなに突出した軽さではありませんが、使っていて重たいと感じることは皆無です。

ギア比は7.5:1の1択ですが、早すぎず遅すぎず適度なギア比で、巻物から打ちものまで幅広く使えるギア比かと思います。

キャスト性能、飛距離

キャスト性能について。

これは、どんなルアーを使うかによって大きく変わります。

重いもの

まず、重いルアーを投げる場合。

これは問題なくキャストできます。

だいたい10g以上で、空気抵抗の少ないもの(スイムベイトやリップのないプラグ、ビッグベイトなど)であれば、違和感なくキャストできます。

ただし、その際にはマグブレーキをマックスにして、メカニカルブレーキも強めに設定したほうがよいです。

そうしないとバックラッシュが多発します。

また、飛距離についてはそんなに出ません。イメージしている距離の70%くらいの場所に着水してしまう感じ。

ボートなら慣れれば問題ないですが、おかっぱりの場合にはややつらいかも。

軽いもの

そして、10g以下の軽いルアーを投げる場合。

これは、はっきりいってかなり投げにくい。

というかほとんど使い物にならないレベルです。。

ブレーキを弱めないと当然投げにくいですが、ブレーキを緩めるとライントラブルが多発。

低い弾道で投げることが極めて難しいので、着水音が大きくなってしまい、実釣においてはかなりのハンデを背負うことになります。

初心者向きなのか?

価格的には1万円以下で、手軽に買えるバスX。

ターゲットはこれからバス釣りを始める初心者になるかと思いますが、果たして初心者向きなのでしょうか。

私的には、答えはNOだと思います。

初心者の場合、1つのタックルで幅広いルアーを使えるバーサタイル性や、ライントラブルが少ないこと、おかっぱり使用時の飛距離が求められると思います。

残念ながらバスXは

バーサタイル性はない(軽いものはかなりキツイ)

ライントラブル多め(ブレーキ設定がシビア)

飛距離はあまり出ない(おかっぱりではキツイ)

という感じです。

逆に、ビッグベイト専用のロッドに合わせるなど、限定的な場面で使う場合はそこそこに使えるかと。

初心者向けなのは?

私の場合、タトゥーラSVTWをメインで使用していますが、これは素晴らしいリールです。

ライントラブルはほぼ皆無、重いものから軽いものまで問題なく使え、ブレーキ設定の懐も広い。

飛距離も全くストレスを感じない程度に出ます。

価格はバスX2台分ちょっとになってしまいますが、初心者の方で初めての1台という方であれば、圧倒的にタトゥーラSVTVをおすすめします。

なお、スピニングリールはこちらが超絶おすすめ。

まとめ

以上、ダイワの低価格ベイトリール【バスX】の長期使用インプレでした。

やや酷評してしまいましたが、価格を考えれば妥当な性能かな。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント