【ベイトフィネスロッド】にはバーサタイルなロッド使える。専用ロッド不要?

スポンサーリンク

こんばんは!

Yuuです。

スポンサーリンク

ベイトフィネス専用ロッド

バス釣りではすでに定番のメソッドとなっている「ベイトフィネス」。

ベイトフィネス専用のロッドといえば、Lアクション~MLアクションで、ファーストテーパーのロッドが多いですよね?

私も、アブのファンタジスタDEEZ63Lを愛用しておりますが、こちらはLアクションのEXファーストテーパーのロッドです。

こちらのタックル(ロッド)は、込み入ったカバーにライトリグを打ち込むというより、レイダウン回りのライトリグや、ライトカバーやその周辺をテンポよく打っていくのに最適で、とても気持ちよく使えます。

そのため、ラインもフロロの8ポンド程度を使用することが多です。

込み入ったカバーにライトリグをアプローチしたい状況では、PEライン(1~1.5号)を用いたパワーフィネスタックルを使うことが多いです。

これで問題なく運用していたのですが、パワーフィネスの弱点というか、私が下手だからか、パワーフィネスタックルで正確にアプローチするのってとても難しいですよね?

上手い方はそれでもバシバシキャストを決めているのですが、どうにもテンポが悪くなってしまい、リズムも崩れがち。

性格なアプローチが求められるカバー打ちでは、やはりキャストのし易さという点でやはりベイトタックルに分があるように思いました。

Mアクションのロッドにベイトフィネスリールをセットしてみた。

現場で写真を撮り忘れてしまったので、自宅での撮影です。。

そこで、普段は1/4オンス~1/2オンスくらいの巻物、トップウォーターなどで使用している、Mクラスのロッド(エバーグリーンのテムジンコブラ)に、ベイトフィネス用リール(K.T.Fアルファス)をセットして、普段より込み入ったカバーにライトリグをアプローチしてみました。

これが、望外にとても使いやすかったのです。

テムジンコブラ

テムジンコブラ、もう十数年前に発売されたロッドですが、いまだに現役ですw

「バーサタイルロッド」という言葉の先駆けともなった?ロッドで、ミドルクラスのルアーを万能に使うことができるロッドとして、かつて絶大な支持を得ていたロッドです。

6フィート5インチ、Mアクション、レギュラーファーストテーパーと、バーサタイルのお手本のようなスペックですね。

かつて、このロッドをスピニングに改造したロッドで、カバーを攻略していた房総ロコたちから、「パワーフィネス」が始まったとも。

キャスト精度がよい

今回、使用したのは、マックセントDワームに1.8gのシンカーを用いたスナッグレスネコリグ。

ワームとフックを含めた総重量で6~8gくらいでしょうか。

ラインはフロロの10lb.を使用。

キャストしてみてびっくりしたのですが、ベイトフィネス用のロッドよりもキャストしやすいw

比較的重量があるライトリグとはいえ、専用のロッドよりキャストがし易いとは。。

ルアーのウエイトがロッドに乗る感覚が、テムジンコブラのほうがしっかりとある感じです。

おそらく、DEEZがEXファーストテーパーなのに対し、テムジンコブラはレギュラーファーストテーパーであるからでしょうか。

パワーが十分にある

今回、このタックルは片倉ダムで使用しました。

使用したシチュエーションは、冠水したブッシュ回りや、立木群が絡むブレイクなど。

このうち、特に冠水ブッシュでは、テムジンコブラ+KTFアルファスが使いやすかったです。

普段パワーフィネスでアプローチするようなブッシュにベイトフィネスでアプローチできるので、正確なキャストが可能。

また、カバーに入れ込んでも十分なパワーがあります。

粘りがある感じのブランクスで、巻物系に向いていると思っていましたが、カバーに入れると、この適度な「優しさ」がカバー内でのスタッグを防いでくれ、根掛かりもいつもより少なかったように感じます。

PEラインが最適?

今回は急造で使用したため、普段通りのフロロカーボンラインで使用しましたが、PEラインを使用したほうが合うかもしれません。

というのも、使うシチュエーションば濃いめのカバーなので、フロロの10lb.程度では不安が残ります。

かといって、太いフロロではルアーの動きを損ねてしまい、キャストフィールにも影響が強そう。

PEならば、細くても高強度、軽量でキャストフィールにも影響がなさそう(というかよくなりそう)なので。

これは次回以降試してみたいと思います。

専用のロッドは不要?

強めのベイトフィネスに使用するロッドとしては、Mクラスのバーサタイルロッドでも十分代用できました。

ただ、今回は使用したルアーが比較的重いものであったこともあると思います。

もっと軽量なルアーを使用する場合や、ライトカバー回りでのルアーの操作性など、専用のロッドのほうが勝っている点も多数あります。

これからベイトフィネスを導入してみたいけど、専用のロッドまで買うのはちょっと・・という場合には、まずはリールだけ購入すればベイトフィネスができますので、そういう場合には良いかもしれません。

まとめ

以上、ベイトフィネスにバーサタイルロッドを使用してみたら、意外に使いやすかったという話でした。

様々なタックルやその組み合わせがあることもバス釣りの楽しみの一つ。

これからもいろいろ試してみたいと思います。

それではまた。

Yuu Bass Styleをお読みいただきありがとうございました。

コメント